BE@RBRICK サマー・チル サマーパーティ@ハーバーシティ

全く新しい夏の装いのBE@RBRICKなど 30体以上と巨大な「砂の彫刻」BE@RBRICK 2体がオーシャンターミナル・デッキに集合

香港, 2018年7月19日 - (Media OutReach) - 今年の夏、BE@RBRICK の仲間たちが再び香港に戻ってきます! ハーバーシティ・ショッピングモールは、最新の観光名所でハーバーシティのオーシャンターミナルに位置する香港の展望台デッキ「オーシャンターミナル・デッキ」を、2018年7月5日から8月5日までの間、「ビーチ」に生まれ変わらせます。そして、全く新しい夏の装いの8体など BE@RBRICK 30体以上をビーチパーティに招待します。 BE@RBRICK はまた、高さ4m以上の巨大な「砂の彫刻」 BE@RBRICK 2体の構築にも貢献しました。1体は7000% BE@RBRICK で、ビクトリア・ハーバーの両側の全ての来場者を出迎え、もう1体は8000% BE@RBRICK で、グランドステップスに横たわり、日光浴を楽しんでいます。一緒にサマーパーティに参加して、ビクトリア・ハーバーの素晴らしい眺めとともに、日光浴を楽しみましょう!

BE@RBRICK サマー・チル サマーパーティ@ハーバーシティ
https://youtu.be/vgOBZu-DtLg

1. BE@RBRICK サマー・チル サマーパーティ@ハーバーシティ
今年の夏、ハーバーシティは、「オーシャンターミナル・デッキ」を「ビーチ」に生まれ変わらせます。そして、全く新しい夏の装いの8体(Hawaii Oppa、Bearkini、Diverなど)を含む30体以上の2000% & 3000% BE@RBRICK をビーチパーティに招待します。BE@RBRICK はビーチでかくれんぼをしていたり、ビーチ傘の下で日光浴をしたりしています。また、巨大な「砂の彫刻」 BE@RBRICK 2体を構築し、暑さをしのぎます。1体は7000%(4.9M) BE@RBRICK で、ビーチに座り、ビクトリア・ハーバーの両側の全ての来場者を出迎え、もう1体は8000%(5.6M) BE@RBRICK で、オーシャンターミナル・デッキのグランドステップスに横たわり、ビクトリア・ハーバーの素晴らしい眺めとともに、日光浴を楽しんでいます。

日時:5/7 - 5/8/2018
時間:10am - 8pm
会場:ハーバーシティ オーシャンターミナル・デッキ(オーシャンターミナル 新増築ビル屋上)

2. BE@RBRICK タックショップ - BE@RBRICK x isee isee ジャンボ・アイスポップ初出店
BE@RBRICK タックショップにて、ハーバーシティX BE@RBRICK 期間限定プレミアム・エディションとともに、お涼みください。 BE@RBRICK x ISEE iSEE ジャンボ・アイスポップ(価格: 60香港ドル)、ジャンボ・アイスポップ型(価格: 150香港ドル)、フレッシュジュース(価格: 40香港ドル)、ビーチタオル(価格: 120香港ドル)、浮輪(価格: 120香港ドル)など、全プレミアム商品は、気温の上昇が続いてもサマータイム・クールを感じさせてくれます。

3. ハーバーシティX BE@RBRICK 期間限定プレミアム・エディションの引き換え
2018年7月7日から8月5日までのプロモーション期間中の毎週土曜日および日曜日に、ハーバーシティの小売店およびF&Bアウトレットでの電子決済により、同日に3,000香港ドル以上のお買い上げ(クレジットカード、EPS、Octopus限定)のお客様は、 BE@RBRICK タオル1枚または BE@RBRICK 浮輪1個と引き換えることができます。

4. BE@RBRICK サマー・チル・ゲーム・ファン
サマー・ウォーター・ファンの時期です!夏にぴったりのさまざまな BE@RBRICK ウォーター・ゲームでお子様、ご家族と水しぶきをあげましょう。非売品の大人・子供用Tシャツや夏の装いの BE@RBRICK スティッカーセットが抽選で当たります。

日時﹕7/7 - 5/8/2018(毎週土曜日・日曜日)
時間:2pm - 7pm
会場: ハーバーシティ オーシャンターミナル・デッキ
ゲームカード&ギフト引き換え場所:ハーバーシティ オーシャンターミナル・デッキ BE@RBRICK タックショップ
参加方法:
お客様は次のいずれかの方法でゲームカードに引き換えることができます。
1) 現金支払い: 40香港ドル
2) ハーバーシティの小売店、F&Bアウトレット、もしくは BE@RBRICK タックショップでの、同日に200香港ドル以上のお買い上げレシート(機械で印字されたもの)1枚を提示

5. サマー・ウォーター・プレイ・パーティ
今年の夏、ウォーター・プレイ・パーティでは毎週末にさまざまなパフォーマーが楽しさで会場を盛り上げます。パーティでは、ウォータドラム、泡、沢山の水が用意され、夏の暑さのなか、皆様が涼しく過ごせるようにしています。

日時﹕7/7 - 5/8/2018(毎週土曜日・日曜日)
時間:5:30pm & 6:30pm
会場:ハーバーシティ オーシャンターミナル・デッキ グランドステップス

オーシャンターミナル・デッキへのアクセス
- オーシャンターミナル内3階のLCXを抜け、オーシャンターミナルの新増築ビルまで歩き、エスカレータで屋上に上がる
- マルコポーロ香港ホテル6階を抜け、オーシャンターミナル屋上の駐車場スペースの端まで歩く
- オーシャンターミナル屋上の駐車場スペースの端で下車する

お問い合わせ先:(852) 2118 8666
ウェブサイト: www.harbourcity.com.hk
Facebook / Instagram / twitter: #hcbearbrick #hcart #harbourcity

さらに多くのビデオ&写真をダウンロード: https://www.dropbox.com/sh/2k2psyh0cwdthz6/AAC_HtyS-T8MXyPYkorZY-Uma?dl=0

メディアのお問い合わせ先:Harbour City Estate Limited
Mr. Andrew Yeung 電話:(852) 2118 8674 メール: andrewyeung@harbourcity.com.hk
Ms. Florence Man 電話:(852) 2118 8623 メール: florenceman@harbourcity.com.hk

写真:
全く新しい夏の装いの BE@RBRICK など 30体以上と巨大な「砂の彫刻」 BE@RBRICK がハーバーシティのオーシャンターミナル・デッキに集合
https://bit.ly/2uBE5Fq

ビクトリア・ハーバーの素晴らしい眺めとともに、 BE@RBRICK と一緒に日光浴をお楽しみいただけます。
https://bit.ly/2uMzrE5

ハーバーシティは BE@RBRICK サマー・チル 期間限定プレミアム・エディションを発表
https://bit.ly/2zPD29X 

 

ドーセットワンチャイ香港、「ドーセット・リトル・アーティスト」ファミリーパッケージを発表

「休暇はもはや単なるリラックスできる楽しい体験だけではありません。ご家族との休暇をさらに有意義なものにするために、ドーセットワンチャイ香港ではアートとチャリティを組み合わせ、創造性を育成し、休暇中にお子様が助けを必要とする人々と愛情を共有できるよう促します。」

香港, 2018年7月19日 - (Media OutReach) - 受賞歴のあるファミリー向けのホテルであるドーセットワンチャイ香港は、香港青年芸術協会、Genecylee Gallery、および香港を拠点としてアーティスト志望者とパートナーシップを締結し、チャリティを目的とする「ファンタスティック 4 ファミリー」パッケージを発表することを大変嬉しく思います。このパッケージには、朝食付き(4名)の新しく改装されたファミリールームでの滞在、お子様が喜ぶアメニティのコレクション、チャリティを目的とするDorsett Little Artistプログラムへの参加機会が含まれ、ベストレートから35%オフの割引料金で提供されます。

ドーセットワンチャイ香港に滞在するすべてのお子様にとって、アートとチャリティを喜びの源に
「当ホテルは、ファミリー向けのホテルとして、商品のイノベーションや細心まで配慮が行き届いたサービスを通して、他のホテルとは違う非日常的なホテル体験の提供に常に努めています。当ホテルはアートとチャリティに積極的に取り組んでいるため、このたびついに、アートとチャリティに沿った活気ある楽しい滞在を提供する、新たなファミリーパッケージを発表できることになり、感慨深いものがあります。当ホテルは心躍る新しい時代に向けて前進しています。」と、ドーセットワンチャイ香港でジェネラル・マネージャーを務めるMs Anita Chanは述べています。

Dorsett Little Artist チャリティプログラムは、3歳から12歳までのお子様をお連れのお客様のためだけに用意された100%のチャリティ活動です。本プラグラムは、2018年8月から1年間実施されます。5米ドルの寄付で、お子様は、メインのコンテストに参加するための、才能のある現地アーティストElaine ChiuとLiane Chuによる手描きのぬり絵用紙、ドーセット独自のぬり絵セット、感謝状を受け取ります。

ぬり絵コンテストは、年齢層別(3歳-6歳、7歳-12歳)に2つのグループに分けられます。各グループから受賞者3名が選出され、受賞者にはドーセットワンチャイ香港での2日間滞在が贈呈されます。

すべての収益金は香港を拠点とするチャリティ組織である香港青年芸術協会に寄付されます。

ドーセットワンチャイ香港について
ドーセットワンチャイ香港は、新しく改装された4.5 つ星ホテルで、香港島のワンチャイとコーズウェイベイの間に位置しています。MTR(地下鉄)駅およびタイムズ スクエアまで徒歩8分です。詳細については、 www.wanchai.dorsetthotels.com をご覧ください。

報道関係者のお問い合わせ先:
Jowie Wong
コミュニケーションディレクター
jowie.wong@dorsetthotels.com

 

Boomstarter.Network、現在進行中のセールでTelegramおよび Dropbox支援者のDTIから資金調達

シンガポール, 2018年07月16日 - (JCN Newswire) - ブロックチェーン技術に基づくスタートアップのための資金調達プラットフォームであるBoomstarter.Networkは、現在進行中のトークンセールにベンチャー基金や民間企業が参加するなか、早期の融資で100万ドル以上を調達しています。

このフィンテック企業は2012年の設立以来、スタートアップのためにプレオーダーを受け付けてきた既存事業をトークンに変換しています。Boomstarter.Networkは、技術・事業指向のスタートアップのためのクラウドファンディングサービスを東欧で展開する、世界有数のプロバイダです。

Boomstarter.Networkは、ブロックチェーン技術と暗号通貨を活用して、グローバルに展開し、世界中でこの市場の成長を妨げる大きな制限を取り除くための準備を整えました。

世界の主要なクラウドファンディングプラットフォームは、一部の先進国の起業家のみにアクセスを提供し、資金の送金・引き出しに長い待ち時間が生じることで有名です。また、スタートアップ支援のためのいかなる非金銭的な手段も支援者に提供していません。

一方、Boomstarter.Networkは、世界中のスタートアップを歓迎し、早期段階で製品のプレオーダーを受け付けるために支援者とつながりを構築します。これにより、トランザクションの遅延や過剰な銀行書類作成業務に頭を悩ませずに、起業家は迅速に資金を受け取り、製品開発に重点を置けるようになります。

金銭的な支出を抑えたい支援者に対しては、Boomstarter.Networkは暗号通貨を安全に採掘して、本プラットフォームのスタットアップから製品をプレオーダーするための支払手段として利用可能にするツールを提供する予定です。

Boomstarter.Networkが実施するトークンセールの支援者には、プロフェッショナルな投資サービスや資産管理を手がけるヘッジファンドDTIが含まれます。DTIは、特にハイテク市場に注力するグローバル商社です。

2018年初め、このヘッジファンドは、クラウドストレージ企業のDropbox Inc.による新規株式公開(IPO)やTelegramメッセンジャーのプライベートセールに参加し、ポートフォリオを拡大した、とDTIのマネージング・パートナーであるAlex Butmanovは述べます。

「この市場における長年の経験を基に、Boomstarter.Networkがグローバルに事業を拡大できる可能性はきわめて高いです。当社の調査では、クラウドファンディングに参加する大部分の人々は、これ以上過度な制約に阻まれることを望んでいないことが示されています。国境なきクラウドファンディングは、今後の製品に対する需要をテストするための非常に効率的なツールとなることでしょう。」とButmanov氏は続けます。

ICOブロックチェーン技術を活用する新興プロジェクト、およびIPOへの投資は、本ファンドの事業活動の大部分を占めている、とDTIの創業者Eugeniy Galiakhmetovは説明します。

「Boomstarter.Networkに対する信頼は、同社が事業を展開してきた6年以上にわたる、実用最小限の製品(MVP)に基づいています。Boomstarter.Networkは、本プラットフォームで資金調達に成功してきた数千人の起業家を支援してきました。本事業はStoriqaと密接に関連しています。Storiqaは、暗号ベースのマーケットプレイスで、トークンセールの実施に成功し、現在製品を開発中です。Storiqaの成功を再現するのに必要なすべての資質をBoomstarter.Networkは備えています。」とGaliakhmetovは述べます。

「私たちはDTIの専門家からの注目を集めたことを光栄に思っています。トークンセールにおいて、これほど早期の段階で、資金調達額が100万ドルに達したことに、私たちは興奮を隠せません。」とBoomstarter.NetworkのCEOであるMaria Dokshinaは述べます。

Boomstarter.Networkは2012年に設立以来、東欧で数千人の起業家が製品のプレオーダーによって数百万ドルを資金調達するための支援を行ってきました。この種の資金調達は、報酬型クラウドファンディングとして知られています。Boomstarter.Networkは、現在シンガポールに本社を構え、世界中の起業家がプレオーダーキャンペーンを開始できるよう、暗号通貨やブロックチェーン技術を活用してグローバル展開を進めていく計画です。

詳細についてプロジェクトクリエーターと話し合うには、Telegramのコミュニティに参加してください。https://t.me/boomstarternetwork

Boomstarter.Networkからの最新アップデートについては、Twitterをフォローするか、MediumおよびFacebookをご覧ください。
- Twitter: https://twitter.com/BoomBoomNetwork
- Medium: https://medium.com/boomstarter-network
- Facebook: https://www.facebook.com/BoomstarterNetwork/

報道関係者からのお問い合わせ先: pr@boomstarter.network

参考リンク: https://boomstarter.network

配信元: Boomstarter.Network

 
Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

ロシアを代表するフィンテック企業のシリアル、暗号通貨を担保に融資する金融プラットフォームでICOを開始

モスクワ, 2018年7月13日 - (JCN Newswire) - 暗号通貨及び暗号通貨の採掘(マイニング)マシンを担保に融資できる金融プラットフォームを開発しているフィンテック・スタートアップのシリアル(Cereal)は、7月15日から8月30日まで2千万ドル相当のCRLユーティリティトークンの販売を開始すると発表した。 

暗号通貨及び暗号通貨に関連した資産を持っている人が暗号通貨を担保に融資できるシリアルのプラットフォームは、ブロックチェーンベースの担保ローン生態系を通じて、暗号通貨コミュニティが必要とする高品質の実際に利用可能なローン商品を紹介する予定である。特に、暗号通貨分野の従事者と金融機関、投資者、生産者を直接連結することで、ローン市場の進歩を成し遂げる見通しだ。

シリアルの共同創業者であるCEOのセルゲイ・バート(Sergey Vart)氏は、フィンテック・スタートアップのクレデオ(credeo.ru)とラッセロッチカ24(rassrochka24.ru)を創業したフィンテック分野の連続起業家(serial entrepreneur)である。セルゲイ・バート氏は、「伝統的な資産ベースのローンを革新して、分散化された資産ベースのローン・ネットワークを作っていきたい」と話し、「全世界的に300億ドル規模の市場に成長している暗号通貨資産ベースのローン市場でその地位を固め、数百万人の暗号通貨支持者の参加をもたらすシリアルのプロジェクトは、マイニングマシン分野で1位のギガワットと提携することでマイニングインフラの支援を受け、次世代ローン商品サービスの開発を加速している」と述べた。 

一方、マサチューセッツ工科大学(MIT)の著名な教授であるジョン・ R・ウィリアム(John R.Williams)教授は、シリアルのアドバイザーとして参加し、「シリアルはブロックチェーン企業の中では数少ない強力な(Solid)会社の一つだと確信している」と話した。

シリアルは、7月15日から8月30日までCRLトークンのパブリックICOを行う。詳細はホームページ https://cereal.cryptonomos.com で確認することができる。

シリアルについて
シリアルは、資産ベースのローン・プラットフォームとして、暗号通貨を担保に融資する新たな市場を形成し、 全世界の数百万人の暗号通貨支持者のための資産ベースのローン・ネットワークを開発している。

お問い合わせ
M&K PR ベク・ヒョン課長
010-8318-0610, cathypaik@mnkpr.com

M&K PR チョン・ミナ室長
010-6282-0677, ico@mnkpr.com 

ISID、働き方改革の国民運動「テレワーク・デイズ」に参加

東京, 2018年07月12日 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井節生、以下ISID)は、総務省等がテレワークの全国一斉実施を呼びかけている「テレワーク・デイズ」の取り組みに、特別協力団体※として参加することをお知らせします。

ISIDは2018年1月より、それまで一部社員向け制度であったテレワーク勤務制度を見直し、より柔軟で生産性高い働き方の実現のため、全拠点従業員約1,400人を対象に同制度を導入しています。制度導入後の従業員アンケートによると、「ICTインフラ環境が整備されて働きやすさが向上した」や「高いパフォーマンスの発揮につながっている」などの効果が実感され、テレワーク制度の導入は一定の成果を上げつつあります。

ISIDは今回の「テレワーク・デイズ」への参加を、テレワークの活用をさらに推し進め、制度導入の次のステップである制度定着に向けた一つの機会と位置づけ、「チャレンジ!テレワーク」と題して全拠点で取り組みます。「チャレンジ!テレワーク」は、これまでテレワークになかなか取り組めていない部署では「まずやってみる」、すでに活用している部署では「活用シーンを増やす」など、部署ごとにチャレンジテーマを設けてテレワークを実施するものです。得られた成果や課題は全社で共有し、さらに利用しやすい制度を検討するなど今後の取り組みに生かす予定です。

■「テレワーク・デイズ」とは■
概要:総務省等が中心となり働き方改革の一環として展開する「テレワーク国民運動プロジェクト」の一施策。今年は昨年の取り組み期間を拡大して「テレワーク・デイズ」とし、2020年東京オリンピックの開会式(7月24日)を含む計2日間以上のテレワーク実施を呼び掛けている。
主催:総務省厚生労働省経済産業省国土交通省内閣官房内閣府/共催:東京都および経済界
実施期間:2018年7月23日から7月27日
詳細:「テレワーク・デイズ」公式Webサイト https://teleworkdays.jp/

※「特別協力団体」とは、テレワークの実施に際し、(1)2日間以上実施、(2)7月24日(火)に100名以上実施、(3)効果測定(交通混雑緩和、消費支出の変化等)に協力可能な団体です。

【本取り組みに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス ワークスタイルイノベーション室 奥出
TEL: 03-6713-9543

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス コーポレートコミュニケーション室 多鹿
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

関連プレスリリース
-ISID、テレワーク勤務制度を全社員に拡大(2017年12月27日)
https://www.isid.co.jp/news/release/2017/1227_1.html
-ISID、「ワークスタイルイノベーション室」を新設(2017年6月29日)
https://www.isid.co.jp/news/release/2017/0629_2.html

電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名:株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者:代表取締役社長 釜井節生
本社:東京都港区港南2-17-1
URL: https://www.isid.co.jp/
設立:1975年
資本金:81億8,050万円
連結従業員:2,716名(2017年12月末現在)
連結売上高:83,423百万円(2017年12月期)
事業内容:ISIDは、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造力で支えるテクノロジー企業です。金融業務や製品開発の領域で創業以来培ってきた知見に加え、人事・会計など企業活動の根幹を支えるシステム構築の実績、電通グループのマーケティングノウハウ、そしてIoTやロボティクス、AIなど先端技術の社会実装に向けたオープンイノベーションへの取り組みにより、社会と企業の課題解決に貢献する、価値あるソリューションを生み出し続けています。


Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

Teledyne e2v、初のミリタリー・グレード規格準拠NXP Tシリーズ商用プロセッサを発表

Teledyne e2vは、Power(R) ArchitectureテクノロジをベースとしたNXP製QorIQ(R)プロセッサ最新世代の2製品「T2080」「T2081」について、航空宇宙・防衛アプリケーションの要件を満たしました。

フランス・グルノーブル, 2018年7月11日 - (Media OutReach) - 航空宇宙業界で先進的な役割を果たしている半導体メーカー、Teledyne e2vは、NXP製のTシリーズプロセッサ2製品を-55度 ~+125度 までの動作温度範囲に適合させた最初の2つのアップスクリーン製品を発表しました。Tシリーズは、NXP製QorIQ Power PCプロセッサの最新世代で、マルチスレッドによる優れたCPU性能、成熟したソフトウェアとツール群による幅広いアプリケーションへの適合性を特徴としています。T2080およびT2081は、8つのe6500 Power Architecture(R)仮想コアを搭載することで最適な性能と電力効率を実現し、セキュリティ/パターン・マッチング・アクセラレータを実装していることを特徴としています。

コンピューティング性能を妥協せずに消費電力を削減したいと考える航空宇宙・防衛システムの設計者は、Teledyne e2vの製品群にT2080およびT2081が加わったことを歓迎するでしょう。ミリタリー・グレード規格は、この2つのデバイスが-55度 ~+125度 までの温度範囲で正常に動作し、RoHS準拠パッケージと鉛パッケージの両方で入手可能であることを保証するものです。同様に航空宇宙・防衛アプリケーションの基準を満たし、Pシリーズとして知られた前世代のQorIQ(R) PowerPCプロセッサと比較して、Tシリーズはコンピューティング性能の向上および消費電力の削減を実現しています。

「Teledyne e2vは数十年にわたり、NXPの商用プロセッサを高信頼性アプリケーションに適合させるバリューパートナーであり続けてきました。」と、NXPのマーケティング・マネージャーのAltaf Hussainは述べます。「Teledyne e2vがミリタリー・グレード規格に準拠したT2080およびT2081を提供することをうれしく思います。航空宇宙・防衛業界は、これらの高性能デバイスによる先進的なコンピューティング性能および低消費電力から恩恵を受けることでしょう。」

Teledyne e2vのミリタリー・グレード規格準拠バージョンは、航空宇宙・防衛アプリケーションで正常に動作するようTeledyne e2vによって要件が満たされています。また、Teledyne e2vの半導体ライフサイクル管理プログラム『SLiM(TM) 』の一環として、これらのソリューション寿命は15年間以上サポートされ、共通かつ高額となる技術の陳腐化の問題を回避しています。

Teledyne e2vデジタル処理ソリューション担当マーケティングおよび事業開発マネージャーのThomas Guillemainは、次のように述べます。「Tシリーズは、当社のお客様にとって非常に重要な設計の2つの要因である、コンピューティング性能の向上と消費電力の削減の機会を提供します。NXP製PシリーズのP3、P4、P5デバイスが人気を博したことから、システム性能の向上および電力消費の削減を求めるお客様にとって素晴らしいオプションであるT2080/81の要件を満たすのは当然の選択でした。」

T2080およびT2081は、QorIQ(R) PowerPCプロセッサの第2世代として初のミリタリー・グレード規格準拠バージョンとなります。今年後半、Teledyne e2vではTシリーズ全製品で同規格に準拠する計画です。Teledyne e2vのウェブサイトより、さまざまな種類や仕様のサンプルをご注文いただけます。

詳しくは以下のWebリンクをご参照ください。e2v.com/T2080

編集者向け注記:
Teledyne e2vについて
Teledyne e2vのイノベーションは、ヘルスケア、ライフサイエンス、宇宙、輸送、防衛、セキュリティ、産業用市場の開発をリードしています。Teledyne e2vでは、市場のニーズやお客様の抱えるアプリケーションの課題に耳を傾け、お客様との協力により、画期的で標準規格を満たすセミ・フルカスタムのソリューションを提供し、お客様のシステムの価値を向上させるなど、独自のアプローチを展開しています。

Teledyne e2vは商用テクノロジーの再エンジニアリングおよびアップスクリーニングにおける世界的なリーダーで、NXP と30年以上にわたり戦略的提携を結び、NXP製の商用プロセッサについて、航空宇宙、軍事、および産業グレードに適合する製品を開発しています。Teledyne e2vは、当初のテストベクタにアクセス可能なため、QorIQ(R) PowerPCの幅広い製品群に拡張された信頼性を保証するバージョンを提供し、NXP Layerscape(R)製品群向けのサービスを開発しています。

メディアからのお問い合わせ先: 
Teledyne e2v: yuki.chan@teledyne-e2v.com | +852 3679 3652 

Copyright © 2018 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

ISIDアメリカが米Gigsterと提携、先端技術によるR&D支援プログラムを日本企業に提供

東京, 2018年7月11日 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井節生、以下ISID)の子会社であるISI-Dentsu of America, Inc.(本社:米国ニューヨーク州、President&CEO:木村憲司、以下ISIDアメリカ)は、Gigster Inc.(読み:ギグスター、本社:米国カリフォルニア州、Co-Founder&CEO:ロジャー・ディッキー、以下Gigster)との業務提携に基づき、日本企業を対象に、先端技術を駆使したスピーディーなR&Dを支援するプログラム「Innovation Accelerator」(以下、本プログラム)の提供を本日より開始します。

■背景とねらい■
あらゆる業界でデジタルトランスフォーメーションが進展する中、最先端のテクノロジー企業が集積するシリコンバレーには、多くの日系企業がR&D拠点を構え、その数は近年さらに増加しています。事業アイデアをスピーディーに実現するためには現地の優れたエンジニアやデザイナーとの協業が不可欠ですが、世界的なIT人材の不足や人件費高騰の影響を受け、こうした拠点の多くが体制の構築もままならないという課題に直面しています。

このような日系企業のニーズに呼応し、ISIDアメリカでは、2013年に開設したサンフランシスコ・オフィスが中核となり、企業の先端技術を活用したR&Dを支援するテクノロジーパートナーとしての活動を加速させています。具体的には、エンジニアリング、デザイン、データ解析など多分野に跨がるISIDアメリカのプロフェッショナル・チームが中心となり、現地の著名なデザインファームやテクノロジー企業と連携して、技術トレンドのリサーチから、サービスのデザイン、プロトタイピング、MVP(Minimum Viable Product※)開発、検証までを機動的に行う体制を構築しています。これまでに、大手銀行やクレジットカードブランド会社、大手旅行会社等と共同で、チャットボットや音声エージェント技術などを用いた新規サービスのプロトタイプ開発や技術検証を多数実施してきました。

本プログラムは、これらの取り組みを通じて蓄積されたISIDアメリカの知見と、Gigsterが保有する最先端の開発プロセスやワークショップ運営等のノウハウ、ならびに数千人におよぶシリコンバレーのトップクラスのエンジニアやデザイナーのコミュニティとを組み合わせることでスケールアップし、日本企業向けサービスとして体系化したものです。両社は本プログラムを通じ、事業アイデアを世界最先端の質とスピードで実装する体制とサービスを提供することにより、日本企業のイノベーションへの取り組みを強力に支援してまいります。

■Gigsterについて■
Gigsterは、2013年に著名ベンチャーキャピタルであるAndreessen Horowitzの支援のもと設立された、先端テクノロジーを用いた高品質なソフトウエア開発サービスを提供する企業です。同社は、トップクラスの技術を持つフリーランスの開発者や技術者、デザイナー、プロダクトマネージャーから成る世界最大規模のネットワークを構築し、それらを科学的なアプローチでプロジェクト管理し品質と効率を高めています。最適なソフトウエアはビジネスの加速に大いに貢献します。Gigsterのミッションは、あらゆる業種やサイズのビジネスに対しても、オンデマンドでトップクラスの開発チームを提供することです。URL:https://gigster.com/

■プログラム概要■
本プログラムは、先端のテクノロジーとプロセスで日本企業の事業開発におけるR&Dを促進する共創型サービスです。ISIDアメリカとGigsterの混成プロフェッショナル・チームが、課題の整理や戦略立案の議論から参画し、各エクスパティの観点から課題に対する解決策のアイデア出しやそれ以降のプランニングを支援します。また、機動的にハイスキルのデザイナーやエンジニアをアサインし、その後のMVP開発のステップを進めていきます。全てのステップを提供するのはもちろんのこと、プロトタイプ開発に入る前までのステップのみを切り出して提供することも可能です。また、その後の本格開発やローンチまでもスムーズに体制拡大して進めることが可能です。

<Innovation Acceleratorプログラムの流れとサービス概要>
画像:https://www.acnnewswire.com/topimg/Low_isid18711.jpg

ステップ名:サービス概要
Setup:課題の整理、戦略とターゲットマーケット/ユーザの確認
Workshop:課題に対する解決策のアイデア出しとPOCプランの策定、後続フェーズに向けたプランニング・見積もり等
Design:コンセプトレベルのデザインとプロダクト戦略の策定、利用テクノロジー/アーキテクチャの検討と開発戦略の策定
Prototype:実プロダクトレベルのデザインまたはプロトタイプ開発
Validation:ユーザテストの実施とインサイト整理

Innovation Acceleratorプログラム詳細
-Innovation Accelerator Overview https://isidentsu-lab.com/s/accelerator_overview.pdf
-Ideation Workshop https://isidentsu-lab.com/s/accelerator_ws_ideation.pdf
-AI for Decision Makers Workshop https://isidentsu-lab.com/s/accelerator_ws_ai.pdf

ISIDアメリカR&DグループのWebサイトはこちら https://isidentsu-lab.com/

※Minimum Viable Product:製品/サービスを提供する上で必要最低限の機能のみをもつ状態のもの

【サービスに関するお問い合わせ先】
ISI-Dentsu of America, Inc. R&DGroup公門
E-Mail: info@isidentsu-lab.com

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス コーポレートコミュニケーション室 籾木
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

関連プレスリリース
-JCBとISID、AIを活用したチャットbotによる海外ガイドを開発~米国シリコンバレーにて実証実験を開始~(2017年1月17日)https://www.isid.co.jp/news/release/2017/0117.html

-米国シリコンバレーでの「CUI」に関する実証実験について~邦銀初Amazon EchoFacebook botを活用した新しいチャネル・コミュニケーション~(2016年8月15日)https://www.isid.co.jp/news/release/2016/0815.html

電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名:株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者:代表取締役社長 釜井節生
本社:東京都港区港南2-17-1
URL: https://www.isid.co.jp
設立:1975年
資本金:81億8,050万円
連結従業員:2,716名(2017年12月末現在)
連結売上高:83,423百万円(2017年12月期)
事業内容:ISIDは、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造力で支えるテクノロジー企業です。金融業務や製品開発の領域で創業以来培ってきた知見に加え、人事・会計など企業活動の根幹を支えるシステム構築の実績、電通グループのマーケティングノウハウ、そしてIoTやロボティクス、AIなど先端技術の社会実装に向けたオープンイノベーションへの取り組みにより、社会と企業の課題解決に貢献する、価値あるソリューションを生み出し続けています。