ムーディーズ、ベトナム国際銀行(VIB)の信用格付けを「B1」に引き上げ

ハノイベトナム, 2018年11月9日 - (Media OutReach) - ムーディーズ・インベスターズ・サービスムーディーズ)はこのたび、ベトナム国際銀行(VIB)のベースライン信用リスク評価(BCA)および調整後 BCAを「B1」に引き上げるとともに、カウンターパーティ・リスク評価(CRA)を「Ba3」に引き上げました。これまでに、ムーディーズベトナムの長期発行体格付けおよび優先無担保債券格付けを「B1」から「Ba3」に引き上げた直後、2018年8月14日にVIBの長期銀行預金格付け(自国通貨建ておよび外貨建て)ならびに長期発行体格付けを「B2」から「B1」に引き上げています。

ムーディーズが発行したレポートによると、VIBおよび他行のBCAの引き上げを牽引したのは、ベトナムのマクロ・プロファイルがより高いスコアを示し、不良債権の償却が進み、銀行の収益性が向上したことでした。

今回の引き上げに加えて、ベトナム中央銀行(SBV)およびベトナム資産管理会社(VAMC)は、VIBがVAMCに売却していた不良債権をすべて買い戻した5行のうちの1つであることを認定しました。ムーディーズおよびVIBは、VIBのVAMCに対する債務が消滅し、与信費用の削減が見込まれることから、今後12-18ヶ月間でVIBの収益性が改善すると予測しています。

また、VIBは現在バーゼルII基準の適用が可能な2行のうちの1つとして知られています。2018年の適用に向け、VIBは準備を完了し、SBVからの承認待ちの状態です。

現在、VIBはベトナムで最も収益率が高く、リスク管理体制が整備された銀行の1行です。2018年1-9月までの9カ月間で、VIBの税引前利益は1兆7,200億ベトナム・ドンに達しました。自己資本利益率ROE)は20%近くに達し、2018年第4四半期には上昇が見込まれています。自己資本比率(CAR)は12%を超え、バーゼルII下でCAR は9.5%を超えています。

2018年9月、ムーディーズは「Inside ASEAN - Spotlight in Vietnam」(ASEAN域内 - ベトナムに注目)と題するカンファレンスをホーチミンで開催し、ベトナムの経済、銀行システムの格付けの評価を行うとともに、2019年における同国の経済展望および現地銀行の業績を予測しました。VIBの副CEOであるHo Van Longは、このカンファレンスのパネルディスカッションにムーディーズから招待され、出席した唯一の現地銀行の代表でした。

ムーディーズのアナリストらは、2019年にベトナム銀行の資産の質と収益が改善すると期待しています。外部資金調達や利益剰余金によって、銀行の資金調達基盤は改善されています。アナリストらはまた、ベトナム銀行のCARは改善しているものの、同地域の銀行と比べると依然として低い水準にあると主張しました。

メディアお問い合わせ先:
Mr. Dzung - マーケティング・コミュニケーション責任者
メール: dung.dn@vib.com.vn
電話: (+84 28) 6 291 7305, IP 8802 

JPlay、eスポーツブロックチェーン革命で世界を席巻

台湾・台北, 2018年11月7日 - (Media OutReach) - 世界初となるブロックチェーンを活用するeスポーツプラットフォームの1つであるJPlayが、2018年11月1日に台北で正式に設立しました。同社は将来の事業計画を説明し、人気のゲーム実況配信アプリ「Soocii」との統合を紹介し、DGamesと戦略的提携を締結しました。

JPlayはまた、これを祝し、ゲームコミュニティからの参加を募るため、Soociiにてエアドロップでデジタル資産「JPT」をユーザー10,000名以上に配布し、eスポーツの有名なフランチャイズであるJ Teamとahqのプレイヤー間でLoLの激戦を繰り広げました。

JPlay をSoocii に統合、ユーザーはJPTの取得および支払いが可能に
JPlayは、提携先であるSoociiの実況配信アプリで「ライブ・ゲーム・マイニング」を試みる初の企業で、参加者はJPlayのデジタル資産「JPT」を獲得できます。

視聴者はJPTでの支払いで、好きなチームのオリジナルTシャツやヘッドホン、バックパックなど、限定版のeスポーツ ギアや商品を手に入れることができます。

Soocii CEOのTed Huangは、次のように述べています。「本日、SoociiのゲームコミュニティにJPlayを迎えることができ、大変嬉しく思います。JPlayのブロックチェーンおよびスマートコントラクト技術により、モバイルゲーマーとコンテンツクリエイターがともに努力に見合った報酬を公正に受け取るというSoociiのビジョンが加速し、その結果エコシステム全体の成長につながります。」

JPlayがDGamesと提携
JPlayはブロックチェーンを活用するゲームエコシステムのDGamesと戦略的提携を締結し、アジア太平洋地域でeスポーツを促進するため、ブロックチェーン技術を活用していきます。

さらに、両者はeスポーツの主要チェーンプラットフォームおよび国境を越える自己管理コミュニティを開発中であることを発表しています。これは、中小企業やIT開発者が、独自のサイドチェーンを備えた将来のアプリケーション向けに、本プラットフォームを最大限に活用するのを支援します。主な特長は、以下のとおりです。

ゲーム・クラウドファンディング
コミュニティから直接資金援助を受けられることで、独立系ゲーム開発者は、JPlayの主要チェーンで資金調達し、デモを公開することで、大手ゲーム会社の制約に捉われることなく、高品質のゲームを開発できるようになります。

ゲームの予測
ゲーム賭博は常にゲームコミュニティで人気があります。JPlayは、ゲーム全体を管理するスマートコントラクトを用いて、公正で透明かつ合法的なeスポーツ・エコシステムの開発に着手しています。

オフライン業界
JPlayは、eスポーツ世界と従来型業界との橋渡し役として、レストラン、小売業者、ホテル、チケット販売所など実世界の小売業者と連携していきます。

JPlayについて
台湾に拠点を置く初のeスポーツ・ブロックチェーン・プラットフォーム。

ウェブサイト: http://www.jplay.co/ 
Facebookhttps://www.facebook.com/JPLAYTW
Telegram: https://t.me/JPlayOfficial

メディアお問い合わせ先
JPlay PRマネージャー Edward
+886 989-834-498 
edward@jplay.co 

ドーセットワンチャイ香港、エグゼクティブ スイート全室の宿泊料金を50%割引

香港, 2018年11月7日 - (Media OutReach) - 香港で豪華な休日を過ごすために、必ずしも散財する必要はありません。ドーセットワンチャイ香港が提供する、スイート全室の宿泊料金が50%割引となる特典を利用して、香港で最高級のスイートに通常の半額で宿泊し、あたかも王様や女王様のように旅し、世界一流のおもてなしをご満喫ください。本特典は、当ホテル公式ウェブサイトからの申込限定で、2018年11月20日から2019年3月31日までのご予約・宿泊に適用されます。*

「Stay Vibrant」(活気あふれる滞在)、ドーセットワンチャイ香港の受賞歴のあるテーマ スイートに宿泊
「Stay Vibrant」(活気あふれる滞在)というブランドプロミスを忠実に守り、香港のモダンな4つ星ホテルであるドーセットワンチャイ香港はテーマ スイートの極上のコレクションを提供します。

オーシャンスイートは、海洋の要素を取り入れた内装で居住空間は海中公園さながら、家族客は海中に「住む」体験ができます。このスイートは48平方メートルにおよび、簡易キッチン、ソファベッド付きのリビングエリア、ダイニングエリア、快適なキングサイズベッドが置かれた独立したベッドルーム、バスタブとシャワー付きの広々としたバスルームを特徴としています。

ソニー4K 3D体験スイートはソニーの最新機器を備え、家族客やレジャー旅行者に心ゆくまでのエンターテイメント三昧をお約束します。1日の仕事を終えてリラックスした雰囲気を求めるビジネス旅行者の疲れた身体にはオシム マッサージ スイートがおあつらえ向きです。

また、競馬のスリルを楽しむ方にはジョッキー・スイートをご用意しています。何にも遮られることなく競馬場を見渡す眺望がジョッキー・スイートの見どころです。レース開催日(毎週水曜日夜)に競馬場を訪れたいお客様には、無料入場券、無料ドリンク引換券、ギフトショップ商品券を含む無料のハッピー水曜日パックを差し上げます。

GLYCEL最高級ビューティースイートは、特に「アクティブウェルネス」を実践する旅行者の美容に対するニーズを念頭に設計されています。本スイートに宿泊すると以下のビューティ特典を受けられます。

- トラベルサイズのスキンケア製品4点セット
- ハイテク美容機器42度 モバイル・スキン・セラピスト(42C Mobile Skin Therapist)およびワンタッチ・インテリジェント・アイ・セラピスト(1-touch Intelligent Eye Therapist )の無償利用
- オシムのフルボディマッサージチェアの無償利用

さらに
- ハンドトリートメント(30分)2回無料とGlycel独自フェイシャルトリートメント(75分)1回無料

加えて以下のいずれかの施術
- アイトリートメント(15分)1回
- デトックス・ボディマッサージ(30分)1回

*ご利用いただけない日がございます。空室状況によってご利用いただけない場合がございます。

報道関係者のお問い合わせ先:
Jowie Wong | コミュニケーションディレクター | jowie.wong@dorsetthotels.com 

香港のデザイナーが東京開催の「Think Global, Think Hong Kong」に参加、グローバルな視点で考える

4日間にわたる交流ツアーは若手デザイナー12名にインスピレーションを与え、アジアのクリエイティブ・ハブとして香港の地位を強化

東京, 2018年11月2日 - (Media OutReach) - 香港デザインセンターが主催する第3回デザイン交流ツアー(DeX Tour)が2018年10月30日から11月2日まで東京で盛大に開催されました。今年初めに開催されたバンコクメルボルンでの成功に続き、今回のツアーには香港の新鋭デザイナー12名が選ばれ、4日間にわたって文化交流活動および東京の有名なデザインスタジオやプロジェクトへの訪問などが満載のインスピレーションの旅に参加しました。この旅は、香港貿易発展局が主催する大型プロモーション事業「Think Global, Think Hong Kong」にて開催されたデザイナー作品展示会で締めくくられました。

クリエイト香港を協賛者として迎え、香港デザインセンターが主催するDeX Tourは、地元の若手デザイナーがグローバルな視野を広げ、国際的な影響力を持つデザインを創出したいという彼らの希望を育むことを通して、香港デザインセンターの使命である、香港をアジアの優れたデザインのクリエイティブ・ハブとして確立することを目指しています。DeX Tours は、2018年前半に2回、バンコクメルボルンで盛大に開催され、両都市において若い世代のデザイナー同士の地域を越えた対話の機会が開かれました。

香港デザインセンターの厳志明(エリック・イム)会長は次のようにコメントしています。「香港はダイナミックな大都市で、ここでは常にデザイナーたちが中国本土やその他の地域などの新たな市場の開拓に取り組んでいます。今回のDeX Tokyoに参加した12名のデザイナーたちは、香港の活気あふれるデザイン分野で活躍する人々のほんの一握りにすぎません。彼らは、適切な作品発表の場とネットワーキング機会が与えられれば、より幅広く地域的および国際的な影響力を持つデザインを創出する大きな可能性を秘めています。」

前回開催されたバンコクメルボルンでのDeX Toursと同様、DeX Japanはアジアで最もダイナミックかつ住みやすいクリエイティブ・ハブとして香港の地位を確立していきたいと考えています。代表団は、香港デザインセンターが主催するDFA香港ヤングデザインタレント賞の受賞者、デザイン・インキュベーション・プログラム、およびファッション・インキュベーション・プログラムのさまざまなデザイン部門の採択者から選ばれた新鋭デザイナーから構成されます。デザイナーたちは東京にあるクリエイティブスタジオを訪問し、優れたデザインプロジェクトについて学びました。具体的には、高い評価を得ているteamLabスタジオおよびGKデザイングループを見学したり、Yohji Yamamotoヨウジヤマモト)の2019年春夏コレクションのオープンハウスに出席したり、代官山T-SITEをその建築を手がけたクライン ダイサム アーキテクツの世界的な有名な建築家マーク・ダイサムとともに見て回ったりしたほか、グッドデザイン賞受賞展「Good Design Awards Exhibition」で受賞プロジェクトから学んで、みらいのアイデアを探ったりしました。

さらに、DeX Japanに参加したデザイナーたちには、「Think Global, Think Hong Kong」で開催された「快適な暮らしを彩る空間づくりとデザイン」と題したテーマ別分科会において、自らのクリエイティブなデザインを発表する機会が設けられました。この分科会では、香港と日本からのプロデザイナー5名が、いかに人間中心のデザインアプローチが、共感の構築、協業によるシナジーの醸成によって、現代のデザイナーたちがイノベーションとビジネス機会を高めるための洞察を提供できるかについて、見解を共有しました。分科セッションでは、KAYKWOKの創業者である郭子鋒(ケイ・クオック)氏、84000 Communications Limitedの創業者兼クリエイティブディレクターである黄炳培(スタンレー・ウォン)氏、NOSIGNERの代表/創業者である太刀川英輔氏、PALデザイングループのデザインパートナーである何宗憲(ジョーイ・ホー)氏、香港デザインセンター会長の厳志明(エリック・イム)氏らが登壇し、香港デザインセンター エグゼクティブ・ディレクターの利德裕(エドモンド・リー)がモデレーターを務めました。

DeX Japanに参加した香港デザイナー12名は以下のとおりです。Chan Hei Shing(Hei Shing Book Design)、Woody Chau(NEVER-NEVER)、Ken Hui(AIR Concepts)、Soilworm Lai(STICKYLINE)、June Kimberly Lau(Novel Fineries)、Tak Lee(Tak Lee)、Comma Leung(mosi mosi)、Prudence Mak(Chocolate Rain)、Baldwin PUI(hoiming & Fungus Workshop)、Mandy Tsang(eMotionLAB)、Angus Tsui(ANGUS TSUI)、Yeung Chin(Yeung Chin)。

報道関係者向け写真は以下のリンクからダウンロードいただけます。
http://www.hkdc.hk/download/awards/DeX-Japan_photos.zip

香港デザインセンターについて
https://www.hkdesigncentre.org/ 
香港デザインセンター(HKDC)は、香港をアジアの優れたデザインの拠点として確立することを目指して2001年に創設された非営利団体であり、香港特別行政区政府の戦略パートナーです。HKDCの使命は、デザインとイノベーションを通じてビジネスの発展という価値を創造するとともに、イノベーション志向の幅広い知識共有の場と様々な交流プラットフォームを提供することで社会的幸福を促進することです。「CONNECT」「CELEBRATE」「NURTURE」「ADVANCE」「ENGAGE」という5つの大きな指針のもと活動しています。

HKDCの代表的なプログラムには、次のようなものがあります。ビジネス・オブ・デザイン・ウィーク(2002年~):デザイン、イノベーション、ブランドに関する、アジア有数の年一度のカンファレンス/イベント。DFA賞(2003年~):アジア的視点による優れたデザインを称える、最も広く認知されたデザイン賞。デザイン・インキュベーション・プログラム(2012年~)およびファッション・インキュベーション・プログラム(2016年~):未来のデザインおよびファッション起業家を育てる2年間の企業支援プログラム。ファッションアジア香港(2016年~):香港のイメージを元気にし、香港をアジアにおけるファッション事業とビジネス発展の中心地とすることを目指す、対話とインタラクションと文化交流を融合したファッションの取り組み。ナレッジ・オブ・デザイン・ウィーク(2006年~):社会が直面する複雑な諸課題をデザインがいかに解決するかを考え、テーマごとのデザイン知識を共有する年一度開催のプラットフォーム。

メディアお問い合わせ先:
香港デザインセンター
Ivan Kwok
e: ivan.kwok@hkdesigncentre.org
t: +852 3793 8445

Selina Lo
e: selina.lo@hkdesigncentre.org
t: +852 3793 8497 

香港デザインセンター、2018年度最も権威ある賞をデザイン界の世界的な巨匠に授与

DFAライフタイムアチーブメント賞はテレンス・コンラン卿に授与
DFAデザインリーダーシップ賞はアンドリュー・デント博士が受賞
DFA世界優秀中華デザイナー賞はリンドン・ネリ氏とロッサーナ・フー氏が受賞

香港, 2018年11月1日 - (Media OutReach) - 香港デザインセンターは本日、2018年度DFA賞の最優秀デザイン賞で最も権威ある、DFAライフタイムアチーブメント賞、DFAデザインリーダーシップ賞、DFA世界優秀中華デザイナー賞の受賞者を発表しました。DFAライフタイムアチーブメント賞は、世界で最も有名なデザイナーの1人でショップおよびレストラン経営者としても知られるテレンス・コンラン卿(Sir Terence Conran)に授与されます。同時に、今年のDFAデザインリーダーシップ賞は、マテリアル・コネクション社(Material ConneXion)のアンドリュー・デント博士(Dr. Andrew Dent)を表彰します。デント博士は、持続可能な先端材料の研究開発における世界的な第一人者です。DFA世界優秀中華デザイナー賞は、ネリ&フー・デザイン・アンド・リサーチの共同創立者で建築家のリンドン・ネリ氏(Lyndon Neri )とロッサーナ・フー氏(Rossana Hu)に授与されます。この3つの名誉ある賞は、香港で開催されるビジネス・オブ・デザイン・ウィークのガラディナーにて12月7日に授与されます。

2003年にスタートしたDFA賞は、アジア発のデザイン業界で最も権威ある重要な賞のひとつとして広く認知されています。本賞は5つの主要賞から成り、このうち3つの賞ではデザイン分野の進歩発展に貢献した個人を表彰します。2018年度の受賞者は、デザインのパワーを体現し、21世紀の生活に欠かせない先進的なアイデアを持つ世界的な巨匠たちです。

2018年度DFAライフタイムアチーブメント賞(DFA LAA)
テレンス・コンラン卿(Sir Terence Conran)

DFAライフタイムアチーブメント賞は、生涯にわたりデザインという専門分野とその教育および社会に貢献してきた個人に対し、デザイン界からの敬意を表して贈られるものです。英国のテレンス・コンラン卿はデザイン界で最も成功を収め、影響力を持つ人物です。彼の生涯にわたるデザイン分野への貢献、およびさまざまな分野でデザインを形成してきた先見性のある取り組みが評価され、受賞に至りました。彼の築いたビジネス帝国では、家具製造業、建築計画グループ、デザイン会社、出版社および50を超えるレストランなどの事業を展開しています。ビジネスの関心は、ロンドンから東京までに至り、グローバルに拠点を築いています。立ち上げたブランドには、スタイリッシュなインテリア製品に万民がアクセスできるよう変革を起こした家庭用品ショップ「Habitat」などがあります。また、彼はデザイン・ミュージアムの創設を主導しました。国際的なビジネスコミュニティにおける確固たる地位を築き、彼の卓越した実績は、人類にとってより良い未来を形成してきました。

2018年度DFAデザインリーダーシップ賞(DFA DLA)
アンドリュー・デント博士(Dr. Andrew Dent)

DFAデザインリーダーシップ賞は、デザインソリューションの戦略的かつ革新的な活用を通じて、持続的かつ卓越した事業的成功をおさめ、リーダーシップを発揮し、自らの組織および国際コミュニティにおいてデザイン開発を支援するビジネスリーダーに対して授与されます。今年の受賞者である英国のアンドリュー・デント博士(Dr. Andrew Dent)は、持続可能かつ革新的な先端材料設計における世界的な第一人者です。彼はマテリアル・コネクション社(Material ConneXion, Inc.)の執行副社長兼ライブラリーおよびマテリアルリサーチ部門責任者であり、SANDOWのチーフマテリアルサイエンティストも務めています。SANDOWでは、同社で技術的知識を広めるため主要な役割を果たし、コンサルティング・プロジェクトの実施、およびマテリアル・コネクションのライブラリ向けの革新的かつ持続可能な先端材料の採用を先導しました。現在の役職では、WhirlpoolAdidasからBMW、Procter & Gambleに至る数百におよぶお客様が、革新的な先端材料を活用して、自社製品の開発・改善を図るための支援を行っています。今後も、業界の先駆者として、彼の洞察は次世代のより持続可能な製品を生み出すうえで重要な役割を果たしていきます。

2018年度DFA世界優秀中華デザイナー賞(DFA WOCD)
リンドン・ネリ氏(Lyndon Neri )とロッサーナ・フー氏(Rossana Hu)

DFA世界優秀中華デザイナー賞は、デザイン分野で優れた功績をあげ、国際的に評価されている中国系デザイナーを称える賞です。中国・上海に拠点を置く有名なデザイナー、リンドン・ネリ氏(Lyndon Neri )とロッサーナ・フー氏(Rossana Hu)は、専門領域を越え、プロジェクトに取り組む国際的な建設・デザイン事務所、ネリ&フー・デザイン・アンド・リサーチの共同創立者です。中国的なクリエイティビティの存在を示すことへの情熱をデザイン哲学とし、それを基に世界中に高く評価されたプロジェクトを発表しています。建築、インテリア、マスタープラニング、プロダクトデザイン、インストレーションのほか、ブランディング、グラフィックなど分野は多岐にわたり、今日では中国屈指の最も有名なデザイナーの1つに数えられています。今後は、一般のコミュニティとより深く関わることのできる、社会的な役割を持つプロジェクトへの取り組みに意欲を見せています。

DFA賞受賞者による優れたデザインを祝して、関連イベントが2018年12月に香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターにて開催されます。
- 2018年12月4日 DFAアジアデザイン賞およびDFA香港ヤングデザインタレント賞授与式
- 2018年12月6日 ビジネス・オブ・デザイン・ウィークにおけるDFA:アジアデザインサミット DFAアジアデザイン賞の受賞者の一部が招待され、デザイン思考を共有
- 2018年12月7日 ビジネス・オブ・デザイン・ウィークのガラディナーにて、DFAライフタイムアチーブメント賞、DFAデザインリーダーシップ賞、DFA世界優秀中華デザイナー賞授与式
- 2018年12月6-8日 DesignInspireにおけるDFA賞展示会 2018年度DFA賞の受賞プロジェクトや作品を展示。ビジネス・オブ・デザイン・ウィークと並行開催

DFA賞について
www.dfaawards.com
香港デザインセンターが2003年にスタートしたDFA賞は、社会におけるデザイナーの役割を支え、アジアにおいてアジアのために影響を与える優れたデザインを称えるために設立されました。また、香港の新鋭デザイナーに対する表彰も目的としています。DFA賞は、次の5つの主要賞から成ります。DFAライフタイムアチーブメント賞は、生涯にわたりデザインという専門分野とその教育および社会に貢献してきた個人に対し、デザイン界からの敬意を表して贈られるものです。DFAデザインリーダーシップ賞は、デザインの戦略的かつ革新的な活用を通じて持続的かつ卓越した事業的成功をおさめたビジネスリーダーに対して授与されます。DFA世界優秀中華デザイナー賞は、デザイン分野で優れた功績をあげ、国際的に評価されている中国系デザイナーを称える主要な賞です。DFAアジアデザイン賞は、アジアの美と文化を体現し、アジアにおいてアジアのために、そのデザイントレンドに影響を与えた幅広いデザインを対象としています。DFA香港ヤングデザインタレント賞は、地元の新鋭デザイナーを育成し、海外で仕事やさらなる教育を得るための資金援助を行っています。

香港デザインセンターについて
www.hkdesigncentre.org
香港デザインセンター(HKDC)は、香港をアジアの優れたデザインの拠点として確立することを目指して2001年に創設された非営利団体であり、香港特別行政区政府の戦略パートナーです。HKDCの使命は、デザインとイノベーションを通じてビジネスの発展という価値を創造するとともに、イノベーション志向の幅広い知識共有の場と様々な交流プラットフォームを提供することで社会的幸福を促進することです。「CONNECT」「CELEBRATE」「NURTURE」「ADVANCE」「ENGAGE」という5つの大きな指針のもと活動しています。

HKDCの代表的なプログラムには、次のようなものがあります。ビジネス・オブ・デザイン・ウィーク(2002年~):デザイン、イノベーション、ブランドに関する、アジア有数の年一度のカンファレンス/イベント。DFA賞(2003年~):アジア的視点による優れたデザインを称える、最も広く認知されたデザイン賞。デザイン・インキュベーション・プログラム(2012年~)およびファッション・インキュベーション・プログラム(2016年~):未来のデザインおよびファッション起業家を育てる2年間の企業支援プログラム。ファッションアジア香港(2016年~):香港のイメージを元気にし、香港をアジアにおけるファッション事業とビジネス発展の中心地とすることを目指す、対話とインタラクションと文化交流を融合したファッションの取り組み。ナレッジ・オブ・デザイン・ウィーク(2006年~):社会が直面する複雑な諸課題をデザインがいかに解決するかを考え、テーマごとのデザイン知識を共有する年一度開催のプラットフォーム。

お問い合わせ先:
報道関係の方のお問い合わせやインタビューのお申し込みについてはOgilvyまでご連絡ください。
Ivan Yiu | ivan.yiu@ogilvy.com | +852 2884 8550

香港デザインセンター:
Ivan Kwok | ivan.kwok@hkdesigncentre.org | +852 3793 8445 

「Your Rewards」でドーセット滞在を活動的に楽しむ

新たなグローバル・ロイヤリティプログラムでは、ドーセット及びディー・コレクションブランドで展開するホテルの滞在を充実させるさまざまなリワードをご用意しています

香港, 2018年10月30日 - (Media OutReach) - アジアで急成長中の4つ星ホテルグループの1つで、世界27ヶ国及び都市で54のホテルを所有するとともに、今後も新たにホテル開業を予定しており、グローバルなプレゼンスを確立しているドーセット・ホスピタリティー・インターナショナル(Dorsett Hospitality International)は、まもなく新たなロイヤリティプログラム「Dorsett - Your Rewards」を発表します。本プログラムは、ドーセット(Dorsett)及びディー・コレクション(d.Collection)ブランドで展開する、アジア、欧州、オセアニア地域の15つのホテルで導入されます。

本プログラムの会員は、考え抜かれ、特別にあつらえられたさまざまなリワードに感激することでしょう。また、当ホテルグループの提携パートナーを通して、世界的な有名な交通や美容などのサービスを受けられ、究極の旅行体験をお楽しみいただけます。

本プログラムに入会されたお客様には、お誕生日を華やかに祝う特別オファーをご用意しています。その他の会員限定特典として、スイートへの無料アップグレード、ブレックファースト無料、最大4時間レイトチェックアウト無料などもあります。

本プログラムの特長として、当ホテル独自の「part-cash, part-points」(一部現金、一部ポイント)が挙げられます。累計ポイント数にかかわらず、会員はいつでも希望する時にリワードを受け取ることができます。

「香港発のブランドとして、当ホテルでは、香港の精神を体現する活気あふれるホスピタリティおよび先進的なサービスの文化を世界に提供していることを誇りに思っています。この『Dorsett - Your Rewards』ロイヤリティプログラムは、当ホテルを宿泊先に選んでいただいたお客様に対する私たちの感謝の気持ちです。」と、当ホテルグループでブランドマーケティング担当シニア・バイス・プレジデントを務めるAnita Chanは述べています。

会員ランクは、クラシック、シルバー、ゴールド、プラチナの4段階あり、1年間の滞在日数に応じて自動的にアップグレードされます。11月の本プログラム開始を記念して、本日から2018年12月31日までに入会されたお客様には、シルバー会員への無料アップグレードが適用され、次回のドーセットでのご滞在に、シルバー会員向けのすべての限定特典をお楽しみいただけます。

「Dorsett - Your Rewards」の詳細やロイヤリティプログラムへの入会を希望される方は、www.dorsett.com/en/loyalty-program をご覧ください。本プログラムのファクトシートはこちらをクリックしてください。http://release.media-outreach.com/i/Download/16112

報道関係者のお問い合わせ先:
Christie So
christie.so@dorsett.com
マーケティング・コミュニケーションオフィサー

Stewart Chen 
stewart.chen@dorsett.com
マーケティング・コミュニケーション担当副社長

米国カーネギーメロン大学教授がCoqによる証明を完了、ハッシュグラフの合意アルゴリズムは非同期ビザンチンフォルトトラレントであると確認

非同期ビザンチンフォルトトラレント(aBFT)は分散システムで業界最高レベルのセキュリティ

米国テキサス州ダラス, 2018年10月30日 - (JCN Newswire) - Hedera18開発者カンファレンス -- 次世代の公開分散型台帳で、非常に多様なガバナンス構造を持つヘデラ・ハッシュグラフは本日、ハッシュグラフの合意アルゴリズムが、非同期ビザンチンフォルトトラレント(aBFT)であることが、Coq証明支援システムを活用するコンピュータによって検証された数学的証明により確認されたことを発表しました。これは、ハッシュグラフ技術レポートに記載された、ハッシュグラフは分散システムにおける数学的に最高レベルのセキュリティの非同期ビザンチンフォルトトラレントであるとの主張を証明するものです。初開催となるハッシュグラフ開発者カンファレンスHedera18にて、Leemon Baird 博士は本日、形式手法をセッションで発表します。ご関心のある方はライブストリーミングを無償で視聴いただけます。
http://learn.hederahashgraph.com/livestream

Coqは形式検証システムであり、数学の定義や定理、実行可能なアルゴリズムを記述するための形式言語と、機械証明のセミインタラクティブな開発環境を提供します。Coqは多くの場合、プログラム、プログラミング言語、数学の特性の認証に使われています。人間だけで検証が行われる大部分の数学的証明と異なり、Coqによる証明は実際にコンピュータによって検証されるため、人間が証明を読む時に犯す間違いを回避できます。

この形式検証は、証明の正しさを検証するCoq証明アシスタントによって行われ、米国カーネギーメロン大学コンピューターサイエンス学部のKarl Crary准教授によって完了されました。詳細はこちらをご参照ください。https:/hedera.com/platform#security

ヘデラのチーフ・サイエンティストであるLeemon Baird博士は述べています。「これはまだ序章にすぎません。コンピュータが数学的証明の正しさを検証するという、こうした形式手法は、セキュリティや信頼が必要不可欠なあらゆる領域において、ソフトウェアの未来のあり方です。」

今後も、ヘデラではCoqシステムによる証明をさらに作成して、さらなる効率の改善の正しさを証明し、最終的にはこのアルゴリズムを実装するソフトウェアの正しさも確認していきます。

非同期ビザンチンフォルトトラレント
30年以上にわたり、分散システムにおける業界標準のセキュリティはビザンチンフォルトトラレント(BFT)でした。ビザンチンフォルトトラレントとは、ネットワークの悪意のあるメンバー(ビザンチンノード)が合意形成を妨げたり、誠実なメンバーをだまして異なる結論に到達させようとする場合でも、誠実なメンバーは共通の合意形成に達することができるというものです。いずれ全てのノードが合意に達することができる場合、システムはビザンチンフォルトトラレントであり、全てのノードによって合意に達し、その合意が常に同じであることが認識されます。

ビザンチンフォルトトラレントは、さまざまな障害や攻撃を許容しながらも、合意形成に達することを意味しています。ビザンチンフォルトには、嘘、結託、選択的な不参加などが含まれます。こうしたエラーがある場合、ノードはただクラッシュするという、より単純なシナリオと比べて、一連のノードが有効な合意に達するのが困難になるのは明らかです。

最も強力なビザンチンフォルトトラレントは非同期です。非同期ビザンチンフォルトトラレントでは、誠実なメンバーの間でメッセージの受信がかなり遅れたり、相手にメッセージが全く届かないなどの可能性が許容されます。敵は部分的であってもネットワーク自体を制御するかもしれません。これが業界最高レベルの分散合意です。真にセキュアな分散型台帳技術(DLT)はこれを前提に合意形成を達成しなければなりません。

アルゴリズムのなかには、一定の時間を超えてメッセージの受信に遅れが生じることは決してなく、常にある一定の時間内にメッセージを届けられるとして、「部分的」に非同期ビザンチンフォルトトラレントであると主張するものがあるかもしれません。しかし、現実の世界では、ネットワークを破壊したり、取引の順番を変更するなど、多くのさまざまな攻撃者がまさにこの前提を標的とすることが可能です。ボットネット、DDoS(標的型攻撃)、悪意のあるファイアウォールの全てがメッセージの送受信を妨害できます。したがって、「部分的」な非同期ビザンチンフォルトトラレントは、長期的に高信頼な実世界のシステムに対応できません。ヘデラでは、インターネット全体にわたり、最終的に何兆ドルもの取引を処理可能な信頼レイヤを構築中であり、こうした攻撃に対処するため、最も強力なセキュリティ原則を適用する必要があります。

今回のCoqによる証明により、ヘデラは、真に非同期ビザンチンフォルトトラレントであるという数学的証明がコンピュータによって検証された、初の分散型台帳となります。ヘデラでは、合意形成は達成可能であり、合意に達し、その合意が常に同じであることが認識されることを保証します。これは、悪意のあるノードやネットワークのエラーについての現実的な前提のもとでも変わりません。

詳細はこちらをご参照ください。https:/hedera.com/platform#security

ヘデラについて
ヘデラ・ハッシュグラフ・プラットフォームは、グローバルな分散アプリケーションを誰でも簡単に開発できる、非常に多様なガバナンス構造を持つ公開分散型台帳を提供します。開発者は、ヘデラ・ハッシュグラフ・プラットフォーム上で、安全性が高く、公正かつ超高速の分散アプリケーションを構築できます。詳細については https://hedera.com/ をご覧いただくか、Twitter @hashgraph、Telegram( https://t.me/hederahashgraph )もしくはDiscord( http://hedera.com/discord )をフォローしてください。ホワイトペーパーは https://hashgraph.com/whitepaper をご参照ください。

報道機関からのお問い合わせ先
Zenobia Godschalk
E: pr@hashgraph.com
T: 1.833.794.7537 x 717