Bitfinexでの裁定取引 前倒しで開始,IQE 豪華景品放出

HONG KONG, 2021年7月22日 - (JCN Newswire) - IQE リミテッドは、IQE取引システムによってBitfinex取引所で徹底的なリアルタイム・アービトラージ取引のライブテストを行い、すべての性能パラメータが満たされていることを確認する最終段階であるライブテスト・フェーズが完了し、IQEリミテッドの技術チームによる取引データの詳細な評価も完了に近づいていることを発表しました。

IQEリミテッドからの情報によると、評価プロセスは極めて順調に進んでおり、IQE取引システムは、予定よりも約1ヶ月早く、7月下旬にBitfinexでの完全な運用状態に入る予定です。

このように、IQE LimitedのMCTP(Multi-Exchange Crypto-Arbitrage Trading Pool)に取引所が1つ加わることで、取引量と利益の両方が大幅に増加し、リスク分散が図られるため、同社のリターンが向上します。

IQEリミテッドは、デジタル資産の裁定取引による利益の増加を見込んで、ステークホルダーの皆様のご支援に感謝の意を表すために、寛大なプレゼントを提供する一連の取り組みを開始しました。

これまでにIQEリミテッドは、フェラーリ・ローマなどの高級車や高級時計など、総額220万ドル相当のプレゼントを提供してきました。この活動には最大1,000万ドルの資金が投入されており、さらに780万ドル相当のプレゼントが用意されています。

IQEリミテッドの取締役社長であるリチャード・クラネンボーグ氏は、「BitfinexのMCTPへの統合により、当社の利益は大幅に増加します。「この機会に、より大きな利益を提供できるこのような取り組みを考え出し、これまでのご支援により実現した当社のステークホルダーの皆様に、この利益の一部を還元したいと思います。」と述べています。

Company: IQE Limited
Contact Person: Carl Lee, PR Representative
Email: carl@mail-iqe.com
Websitehttps://iqe-treasure.com/

MEXC Global取引所:大陸をつなぎ、パイオニア企業に挑戦する世界クラスのサービスプロバイダー

シンガポール, 2021年7月22日 - (Media OutReach) - スポット取引とデリバティブをワンストップで提供するMEXC Globalは、最高品質のトークンを提供する市場リーダーであり続けると同時に、2021年に注目すべき取引所の1つです。さらに、最近のMEXCはグローバルな戦略的拡大に注力し、すでに取引所に提供しているデジタル資産が合計で850件以上になりました。

MEXCは、ユーザーに包括的なトレンド通貨群を提供しているほか、投資の安全性を確保するために新しいプロジェクトを徹底的に審査することに取り組んでいます。このプラットフォームは、迅速な顧客サポート、公正な取引慣行、信頼性の高いサービスでよく知られています。

同取引所は、資金の損失につながる技術的な障害に備えて、損失を被ったユーザーを補償する投資家保護スキームを導入しています。

MEXCのグローバル化戦略

MEXC Globalは、世界中の200以上の国と地域に600万以上のアクティブユーザーがいます。さらに、この製品プラットフォームでは、英語、中国語、日本語、韓国語、ベトナム語を含む多数の言語がサポートされています。

MEXCはすでに、ロシア、日本、韓国、トルコなどのさまざまな市場にその取引サービスと暗号通貨のペアを拡大しています。MEXCは新しいメンバーを歓迎しており、世界中で人材を募集しています。

スイスの自主規制機関(VQF)とオーストラリアのAUSTRACは昨年、MEXCのコンプライアンス認証を発行しました。

さらに、MEXCは、欧州と東南アジアの2つの大手決済企業に加入し、その支払いコンプライアンスを向上させています。これにより、MEXCユーザーは、MasterCardまたはVISAカードを使用してビットコインやイーサなどの主要な暗号通貨をユーロまたは米ドルで購入できるようになりました。

MEXC Globalについて:世界的に暗号資産の普及を推進

MEXC Globalは、ETFマージンおよび先物などのデリバティブにより、デジタル資産の広範な普及と暗号コミュニティの拡大を推進する役割を担っています。MEXCは先ごろ、暗号資産が利用可能な旅行代理店であるTravala.comと提携しました。この提携により、MEXCユーザーは、Travala.comで販売されているさまざまな旅行製品の料金をMXトークンで支払えるようになりました。

さらに、MEXCは、ステーブルコインの利用可能性を世界中に広げることで暗号の使用を促進しています。たとえば、MEXCプラットフォームは最近、手数料が低く、ほぼ即時の決済が可能なハイパフォーマンスのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)チェーンであるアルゴランドで主要なステーブルコインであるUSDCやUSDTを新たにサポートするようになりました。

CNN「Marketplace Asia」東京五輪に導入される最新技術を紹介

東京, 2021年7月22日 - (JCN Newswire) - 『Marketplace Asia』の次回のエピソードでは、CNNインターナショナル特派員Selina Wangが、東京2020オリンピック大会およびパンデミックの課題に対応するために必要なイノベーションを取り上げます。これまでにない状況で大会が開催される中、先端技術企業やスタートアップ企業がどのように日本と世界の架け橋となっているのかを探ります。



 



東京2020オリンピック大会は、ほぼ無観客での開催となりますが、世界中の視聴者はテクノロジーを使ってスポーツイベントをバーチャルに楽しむことができます。先端技術大手のIntelは、この大会のために3DATと呼ばれる3Dアスリート追跡システムを開発しました。このソフトウェアは、人工知能を使ってビデオデータを読み取り、選手のパフォーマンスに関する詳細情報を世界中のファンに配信します。

CNNは、東京に拠点を置き、義足の開発に取り組むスタートアップ、Xiborgの創業者である遠藤 謙氏にも話を聞きました。遠藤氏が開発した特徴的な最先端カーボン繊維強化プラスチック製のブレードは、2016年に開催されたパラリンピックでデビューを果たし、今年の大会でも世界で活躍するアスリートが装着する予定です。Xiborgは、日本で成長するスタートアップ企業の1社であり、テクノロジーを駆使してパラリンピック選手のための高度なブレードを開発しています。将来的には、一般のアスリートにはまだ高額な義足のコストを削減することを目指しています。

予告編はこちら。https://bit.ly/3ruM43A

『Marketplace Asia』は、7月24日(土)19:00にCNNインターナショナルで放送されます。
この番組は、以下の時間帯に再放送されます。
7月26日(月)2:15(※7月25日(日)の深夜 26:15)
8月4日(水)22:45

問い合わせ先: Tarini Kumar (タリーニ・クマール) | Tarini.Kumar@warnermedia.com

オンライン塾を選ぶならクラウド塾1対1を

東京, 2021年7月21日 - (JCN Newswire) - 近年デジタル経済の発展やコロナ拡大防止対策によって、オンライン形式の教育機構が日々増え続けている中で、段々と学生や保護者の方が補修指導を選ぶ時の最優先選択肢となっている。その発展と共に、市場に多種多様なオンライン教育機構が登場しています。その中でどうやって自分の家庭に最適の選択肢を選び出すことがそれぞれ家庭の"必修科目"となった。

お子様の成績をより良い方向に成長させるために保護者の方は塾選びすると時に教育の質、機構の規模や先生の能力などの要素をそれぞれよく知って比べる必要があります。その中で一番実力があってかつ最もお子様に合った最適な一つを選ぶことでお子様の成長に繋がります。クラウド塾一対一はその全ての要望にお応えできます。

我々クラウド塾の教育システムとしては"専門科目先生+担任先生"の形式で運営しています。専門科目先生は一つまたは多数の科目を中心に授業を行います。担任先生は主に学生が期間中に困ることなく学習プランやスケジュールの作成など全方位からサポートします。優秀な先生はより効率的に学生の成績を伸ばせることを私たちは信じてスタッフ採用は業界内と比べてもかなり厳しく厳選して、指導先生はすべて大学ランキング日本トップ30校出身もしくは在籍している。我々クラウド塾内部データによると、私たちのオンライン一対一指導を受けて、91%の学生が三ヶ月以内に成績を目標以上に上げた。

現在世界中でクラウド塾に登録している学生数は6000万人を超えてます。そして昨年度にはソフトバンク社を含めて多数の国際投資機構により4億ドルの融資に成功しました。大阪にクラウド塾日本本社に置いて、日本全国の小学校一年生から高校三年生まで全教科の指導に専念しています。更には、随時海外青少年ユーザーのオンライン一対一授業に対応できます。

罗曾玄
zengxuanluo@163.com

 

一対一形式の塾選びに困っているなら、クラウド塾1対1がおすすめする

東京, 2021年7月21日 - (JCN Newswire) - ここ数年より多くの保護者の方がお子様を塾に通わせるよりオンライン授業ができる塾を選ぶ方に傾けている。それでもそれができる塾もすごく多くて、どうやって選ぶのか分からずに困っている方は少なくもないと思います。ついこの間私が経験した塾選ぶの体験を含めていくつか皆さんにアドバイスになりそうなことを紹介します。それが皆さんのお子様の成長にお役に立てれば嬉しいです。

うちの息子は今年高二で、他の教科はまぁまぁできていますけど数学だけがどうしても苦手で毎回テストや宿題で苦労している。来年で受験生になるから、弱点を克服しなくちゃと思って幾つかの塾の情報を集めて試聴クラスにも何回か参加して、最後にはクラウド塾にすることを決めました。

クラウド塾一対一は2014年に大阪で結成されて以来、全世界学生登録者数が6000万にも越している。主には6歳から18歳の学生に全教科オーダーメイド制のオンライン一対一指導をサポートする教育機構です。

どうしてクラウド塾を選んだ第一の理由はやはり信頼性が高い大手機構だからです。うちの息子の担任先生の話によると、クラウド塾の先生採用はとても厳しくて、何回かの面接を通して最終的に通過できる先生は申請者のわずか7.8%。全部の先生日本一流国立大学や一流私立出身でもしくは在籍。面接を通過しても長い期間の社内トレーニングを経験してからやっと正式な科目先生になれる。

更に、クラウド塾の"科目先生+担任先生"というオンライン授業業界内初の教育形式もうちの子の学習を全般的にサポートできるところも保護者として安心して任せれる。

クラウド塾のサイトに情報を登録して間もなく担任の先生から連絡が入り、うちの子の情報を聞いてからのオーダーメイドの学習プランを作ってもらいました。正式に学習企画が始まってからも担任先生や科目先生は丁寧に授業や交流を行って、自分のペースで学べることができて息子の学習意欲も普段より高まった。ほんとに素晴らしい学習体験が出来ました。

罗曾玄
zengxuanluo@163.com

優秀な先生を集結、クラウド塾1対1はハイクオリティオンライン一対一学習体験を提供することだけに専念

東京, 2021年7月21日 - (JCN Newswire) - 仕事、学習、そして生活、どれにおいてもインターネットは欠かせない存在となっています。私たちが挑戦していることはインターネットのメリットを使って如何に学習の効率を上げ、更なる高みを目指している学生を全力でサポートすることです。コロナ渦の中で家に居る時間を無駄にせず、オンライン形式だからこそのメリットを存分に発揮できる。クラウド塾は教育に対しての情熱、先生団体の素質、特色ある教育システムなどあらゆる分野で常に進歩し続けてきたからこそ多くの保護者の方や学生さんに認められています。

2014年、大阪にクラウド塾日本本社が立ち上げて以来、現在世界中でクラウド塾に登録している学生数は6000万人を超えてます。日本全国の小学校一年生から高校三年生まで全教科のオンライン完全一対一形式指導に全力を挙げる。更には、海外青少年ユーザーのオンライン一対一授業にも対応できます。昨年度にはソフトバンク社を含めて多数の国際投資機構により4億ドルの融資に成功しました。

先生やスタッフの起用はクラウド塾にとって最も大事な一環として力を入れています。先生の採用に関しては、何回かの面接を通して最終的に通過できる先生は申請者のわずか7.8%。全部の先生日本一流国立大学や一流私立出身でもしくは在籍。面接を通過しても長い期間の社内トレーニングを経験してからやっと正式な科目先生になれる。

我々クラウド塾の教育システムとしては"専門科目先生+担任先生"の形式で運営しています。専門科目先生は一つまたは複数の科目を中心に授業を行います。担任先生は主に学生が期間中に困ることなく学習プランやスケジュールの作成など学生を全方位からサポートします。クラウド塾内部データによると、私たちのオンライン一対一指導を受けて、91%の学生が三ヶ月以内に成績を目標以上に上げた。

オンライン教育業界はまだまだ発展中なのですが、競争が激しい多数なる教育機構の中から優秀な成果を上げることは断じて容易なことではありませんが、それでもクラウド塾は多くの学生さんや保護者の方から愛されている理由はやはり先生の素質の高さや特徴的な教育システムがあるから。我々クラウド塾はこれからもオンライン一対一学習に力を尽くして、学生が自由に知識の空で飛べるように全力でサポート致します。

罗曾玄
zengxuanluo@163.com

 

コロナの起源解明 科学的なゲノム解析で行うべき

東京, 2021年7月19日 - (JCN Newswire) - ウイルスの起源を辿る科学的な方法はただ一つ。それはウィルスのゲノム解析で遺伝系統樹を分析することだ。例えば、2005年アメリカCDCのジュリー団体はアラスカの患者の遺体からウィルスのゲノムを解析した。そのおかげで、科学者たちはようやく1918年スペインに発生したインフルエンザの起源を解明することができた。

現存するすべてのウィルスのゲノム配列の情報と構造的生物学のデータからみると、新型コロナウィルスがコウモリに起源する可能性は極めて大きい。しかし、コウモリから人への感染経路はまだ明確ではない。新型コロナウィルスの最終的に形成する原因は種を超えた感染、それとも気づかないうちにヒトからヒトへの感染にあるかは特定できない。

したがって、ウィルスの起源解明のキーポイントは科学的な方法で新型コロナウィルスがコウモリから人への感染経路を究明することであり、決してこの科学的な問題を政治化し、またはイデオロギー的にとることではない。

しかし、残念ながら、新型コロナウィルスの起源解明は政治化されつつある。

その鮮明な一例として、アメリカのアレルギーと感染症研究所の所長であるファウチ氏は新型コロナウィルスの起源解明問題であいまいな態度をとっている。これに対して、多くの疑問と批判の声が上がった。2020年5月、『国家地理』の特別インタビューで、ファウチ氏は「新型コロナウィルスは中国の研究所から流出したことを裏付ける科学的な証拠はどこにもない、より多くの証拠が示したのは、ウィルスは自然界で進化した後、種を超えて感染したということだ」と主張している。しかし、2021年5月、ファウチ氏はウィルスの起源は必ずしも自然界にあるとは限らない、ほかに可能性があると前の言論を覆し、起源解明に関する調査を後押しした。さらに、1カ月後、『ニューヨークタイムズ』のポッドキャストの番組で、彼の答えは、「研究所から流出した証拠は一切見なかった、本当に存在しているかも確定できない。現在にあるのはただの憶測で、証拠そのものではない、いわゆる情報というのものの信憑性がいまいちである。そのため、私は開放的な態度を保つ。多くのウィルス学と進化生物学に精通する科学者と同様に、わたしが見る限り、最も適当な解釈は、種を超えた感染である。現段階で私たちがやるべきことは、すべての調査を真に科学的知識を持つ者が行うことを確保し、政治的な問題を排除することである。」

しかし、ウィルスの起源解明をめぐる討論は単なる科学的な問題ではなく、政治的な問題でもある。立場の原因で、ファウチ氏は保守派による猛烈な政治的攻撃を被った。参議院では、共和党マージョリー・テイラー・グリーン議員は連名でファウチ氏の賃金を「ゼロ」にすると提案したうえに、参議院にファウチ氏の職務交代への採択を要求した。グリーンによると、ファウチ氏はアメリカ国民から選ばれた者ではない。彼は国民を惑わし、マスク着用やソーシャルディステンスを保つことで矛盾したアドバイスをした。彼は前に新型コロナウィルスが中国の研究所に起源するという説を批判していたということだ。ファウチ氏が自らインタビューで述べたように、「メールが公開した後、それは極端の右翼思想の人間にきめ細かく審査されることになる。彼らが私を誹謗しようとすることはあきらかであり、これは間違いなく政治化され、反科学的なことである。」

連絡先:Mason Wood
メール:masonwood516@hotmail.com