AVAXとは?アバランチについて知っておくべきこと

シンガポール, 2022年12月1日 - (JCN Newswire) - 本記事は、Moonstakeのステーキングコインの一つを探る入門講座となります。今回は、アバランチとそのネイティブコインAVAXを見ていきます。AVAXは、わずか数年前の創業以来、急速に成長し、市場で最も人気のある暗号資産としてリストアップされています。



アバランチの特徴とは?
Avalancheは、2020年9月にローンチされ、dAppsとカスタムブロックチェーンネットワークのプラットフォームとして機能するLayer-1ブロックチェーンです。Ethereumのライバルとして、Avalancheはスケーラビリティやセキュリティへの課題に妥協することなく、4,500TPS(1秒あたりの取引量)という素晴らしい出力を持つことで、スマートコントラクトに最適なブロックチェーンとしてEthereumを追い落とすことを目指しています。

最も注目すべきは、EVM(Ethereum Virtual Machine)と互換性のあるAvalancheネットワークが、3つの個別のブロックチェーンからなるユニークなアーキテクチャを誇っている点です。他のブロックチェーンのように1つのチェーンが全てのトランザクション処理を行うのではなく、3つのチェーンがそれぞれ独自の役割を果たし、連携してAvalancheネットワークを運営しています。

具体的には
X-Chain(取引所チェーン)
トランザクションを処理する目的で利用されます。取引手数料は0.001AVAXと固定されており、DAG(Directed Acyclic Graph)技術を利用して速度を最適化する。

P-Chain (プラットフォームチェーン)
ステーキングとバリデーター活動を行う目的で利用されます。

C-Chain (コントラクトチェーン)
スマートコントラクト、DApps、DeFiを扱う目的で利用されます。

ユーザーはこれら3つのチェーン間でAVAXを交換することができ、それらは特別なサブネットであるプライマリーネットワークによって保護・検証されます。

Avalanche上では、ユーザーは広範なAvalancheエコシステムとシームレスに相互運用可能な独自のカスタムブロックチェーンネットワークを構築することができます。カスタムサブネットは、2,000 AVAXをステーキングすることでプライマリーネットワークのメンバーになることができます。

Avalancheのコンセンサス・アルゴリズムについては、Proof-of-Stake (PoS) を基盤として使用する Snow と呼ばれる独自のプロトコルを運用しています。Snowコンセンサスプロトコルは、取引速度、ネットワーク容量、分散化、エネルギー効率、セキュリティのバランスを取ることを目的としています。またAvalancheチームは、そのネットワークが「あらゆるブロックチェーンプラットフォームの中で最も軽いハードウェアとなること」を目標としており、スラッシュ(ステーキングした資産の没収)を実装していないため、バリデータにとって非常に優しいPoSチェーンになっていると主張しています。

Avalancheはどのように人気になったのか?
Avalancheは、DeFiで最も人気のあるブロックチェーンの1つとして注目を集めています。 レンディングプロトコルである「AAVE」、DEXである「SushiSwap」、初の規制対象安定コインである「TrueUSD」など、市場をリードするDeFiプラットフォームのベースとして利用されています。

Avalancheは、堅牢な設計とDeFiエコシステムのおかげで、DApp開発者にとって最も人気のあるブロックチェーンの1つになっており、2020年AvalancheはICOにおいて、わずか24時間で4200万米ドルの資金調達を達成しました。

Avalancheの技術的マイルストーンとMoonstakeがAVAXをサポートする理由について
Moonstakeでは、市場で最も需要の高いコインをサポートするように取り組んでいます。これまでのAvalancheの主要なマイルストーンは以下の通りです。

2020年 - 2021年 メインネットローンチから半年で、ネットワークバリデーションを800個達成しました。
2021年 TVLが大幅に増加し、2021年5月の市場暴落前に4億米ドルのピークを迎えました。
2021年第1四半期 ユーザーは最初の24時間以内の8.2Mドルを含む1億ドル以上の資産をイーサリアムからアバランチに移動させました。
2022年11月下旬 Avalancheネットワークは合計4億5000万トランザクションを処理し、1年前と比べて1507%増加しました。
現在 200以上のDAppプロジェクトがAvalanche上で利用可能であり、Avalanche周辺の堅牢なブリッジングエコシステムのおかげで、多くのプロジェクトがクロスチェーン化されています。

また、Avalancheは、会計事務所「Deloitte」や上場保険会社「Lemonade」などの大手グローバル企業との制度的パートナーシップを確保し、企業向けのブロックチェーンと暗号の実用的な使用事例を実証しています。アバランチは現在、1,300以上のバリデーターを抱え、非常に活発なネットワークを確保しています。

AVAXは需要の高いコインであり、アバランチネットワークは活発で継続的な成長と発展を遂げている尊敬すべきブロックチェーンプロジェクトであることがわかります。このことから、AVAXはMoonstakeがサポートするPoSコインのラインナップに戦略的に追加された素晴らしいコインであり、私たちはAVAXステーキングをすぐにお客様にお届けできるよう努力しています。

AVAXのステーキングの仕組み
ステーキングを開始するには、AVAXをP-Chain上に転送する必要があります。Pアドレス(P-chainのアドレス)に資産を保有すると、その資産は非流動的な状態になります。あなたの資産をXアドレスに自由に移動させることはできませんし、他のPアドレスに移すこともできません。あるPアドレスから別のPアドレスに資産を移動するには、Xアドレスに送り返して、別のPアドレスに送る必要があります。

ユーザーは、ウォレットに委任/ステーキングするために25AVAXを持っている必要があり、検証のために資金をステーキングできる最小期間は、ロックアップ期間の2週間となります。バリデータが設定する委任手数料は、バリデータに支払われる報酬の一部である。委任手数料の最低額は2%である。しかし、アバランチにはスタッシュはなく、ステーキングされたトークンは、バリデータのパフォーマンス低下による損失のリスクは決してありません。

バリデータがプライマリネットワークの検証を終了すると、ステーキングされたAVAXトークンが返還されます。またバリデータは、ネットワークの安全確保に貢献したノードに対して、ステーキング報酬を与えるかどうかについても投票する。

バリデータは、バリデータの過半数によって測定されるように、検証期間の80%以上でオンラインかつ応答した場合にのみ、ステーキング報酬を受取ることができます。ノードがバリデータセットから離れるとき、バリデータは、離れたノードがステーキング報酬を受け取るべきかどうか投票します。

AVAXステーキングの報酬の受け取り方とステーキング解除の仕組み
ステーキングで得たAVAX報酬はプロトコルレベルで処理され、報酬が獲得されると自動的にあなたに転送されます。AVAXトークンは最低2週間、最高1年間ステーキングする必要があり、ステーキング報酬(ステーキングしたトークンも)はステーキング期間終了後にユーザーが受け取ることになります。

参考文献
https://www.avax.network/
https://core.app/ecosystem/projects
https://el33th4x0r.medium.com/state-of-avalanche-q1-2021-2565921a36d8
https://coinmarketcap.com/currencies/avalanche/

Moonstakeについて
Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。Moonstakeは2020年4月の創業以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど27社の大手プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeは、シンガポール証券取引所に上場するOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めました。Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。https://www.moonstake.io/

Moonstakeのステーキングビジネスについて
2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、18のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、全世界のユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万社以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

Avalancheについて
Avalancheは、time-to-finalityで測定されるブロックチェーン業界で最速のスマートコントラクトプラットフォームであり、あらゆるプルーフオブステークプロトコルの中で最も多くのバリデータを確保し、その活動を保証しています。Avalancheは、非常に高速で、低コスト、かつ環境に優しいプロトコルとなり、スマートコントラクトに対応したあらゆるアプリケーションは、Avalanche上で競合他社を凌駕することができます。 https://avax.network

CNN シリーズ『LEADING WOMEN(リーディング・ウィメン)』で日本の素晴らしい女性たちを特集

東京, 2022年12月1日 - (JCN Newswire) - 今週末に放映される、CNN の 30 分特別番組『LEADING WOMEN(リーディング・ウィメン)』では、日本の素晴らしい女性たちに焦点を当てます。この番組では、スポーツ、ビジネス、芸術、文化など、それぞれの業界でトップにのぼりつめた日本人女性 4 名を紹介します。

野中生萌さんは、わずか 8 歳の時にクライミングに出会い、16 歳でワールドカップに初出場しました。世界屈指の優れたクライマーであり、2020 年東京オリンピックでは、女子複合で銀メダルを獲得しました。CNN は、次の大会に向けて練習している野中さんのもとを訪れ、身体とメンタルの両面をどのように訓練しているかに迫ります。

松岡陽子さんは、スポーツへの愛とロボット工学への関心をあわせ持ち、複数の大学で教授を務め、障がい者の人工補装具を開発、神経科学とロボット工学の研究によりマッカーサー賞を受賞、さらに、Google のヘルスケア部門を率いるなど、医療技術分野で輝かしいキャリアを築きました。現在は、家族向け時間管理アプリの「Yohana(ヨハナ)」の CEO 兼創設者です。その使命は、タスクを任せることにより、ユーザーが生活でより多くの時間を確保できるようにすることです。

日本酒は、極めて男性優位の世界です。日本には 1700 名以上の杜氏がいますが、そのうち女性は 20 名足らずで、今田美穂さんはその中の 1 人です。彼女は 20 年以上前に杜氏(酒造りの最高責任者)になりました。以来、広島県の漁師町・安芸津町で、数々の賞を受賞した高品質の日本酒を少量生産しています。彼女の蔵では、年間約 8 種類の日本酒をほぼすべて手作業で製造しています。

リナ・サワヤマさんは、日英で活躍するモデルであり、シンガーソングライターです。2020 年のデビューアルバム『SAWAYAMA』以降、パワフルかつスタイリッシュな音楽で音楽業界を魅了し、ファンのみならず音楽評論家からも称賛されています。Spotify での月間視聴者数は 400 万人以上にのぼり、ソーシャルメディアのフォロワーは圧倒的な数を誇ります。CNN は、ライブで観客を前にヒット曲を歌うサワヤマさんを取材し、音楽のパワーによっていかにメッセージを伝えているかについて伺います。

『LEADING WOMEN』の予告編: https://bit.ly/3FemsjS
『LEADING WOMEN』の画像:https://bit.ly/3VeOdhB
『LEADING WOMEN』のマイクロサイト:https://cnn.it/3VxaJSN

30 分間の特別番組放送時間:
12 月 3 日(土)午後 3 時 30 分と午後 8 時(日本時間)
12 月 4 日(日)午前 6 時、午前 11 時 30 分、午後 2 時 30 分(日本時間)
12 月 5 日(月)午前 3 時(日本時間)

CNNインターナショナルについて

CNNはテレビ・オンライン・モバイルなど様々なデバイスを介し、世界中で7カ国語、4.75億以上の世帯で視聴されている。CNNインターナショナルは、ヨーロッパ・中東・アフリカ・アジア太平洋・南米における主な主要メディアの視聴調査でNo.1の国際テレビニュースチャンネルの評価を得ており、アメリカ国内でもCNNgo (OTT) を含め、高いプレゼンスを誇っている。CNNデジタルはオンライン、モバイル、ソーシャルで様々なニュースを配信している。CNNは、デジタル・イノベーションの最先端企業として、視聴者の膨大な視聴行動データを保有し、デジタル・プロパティや、戦略的なコンテンツ・パートナーシップなどにも多大な投資を続けている。CNNは、報道分野において世界中で様々な栄誉ある賞を受賞。加えてCNNIの報道番組以外の分野では、毎年1,000時間を超えるシリーズ、ドキュメンタリー、特別番組が制作されている。CNNはCNN Newsourceを通じて世界に36の編集部と1,100以上の系列局を擁している。CNN InternationalはWarner Bros. Discoveryの傘下にある。

日本におけるチャンネル名であるCNNjは、CNNの長年に渡るパートナーである株式会社日本ケーブルテレビジョンJCTV)により、全国655万以上の世帯、ホテル、官公庁や法人などに配信されています。

CNNj視聴者センター 03-3568-8240(平日10:00-18:00)
または、ウェブサイトhttps://www2.jctv.co.jp/cnnj/まで。

問い合わせ先:
Tracy Yiu
電子メール:Tracy.Yiu@warnermedia.com

KKR、日立物流に対する公開買付けを完了

東京, 2022年11月30日 - (JCN Newswire) - 世界的な投資会社であるKKRは、株式会社日立物流証券コード:9086、以下、日立物流)の普通株式に対する公開買付け(以下、本公開買付け)が2022年11月29日をもって成立いたしましたので、お知らせいたします。本公開買付けは、KKRが運営する特別目的会社であるHTSK株式会社(以下、公開買付者)を通じて実施されておりました。本公開買付けには、日立物流普通株式の約51.11%の応募があり、公開買付者は応募された普通株式の全てを取得する予定です。本公開買付けの決済は2022年12月6日に開始予定です。

公開買付者は、本公開買付けで取得する株式に加え、今後スクイーズアウトによって残りの株式を取得し、また、日立物流日立製作所との間で行う自己株式の取得とあわせて、日立物流の全株式を保有することになります。

日立物流は日本における3PL(Third Party Logistics)のリーディングカンパニーであり、顧客企業に対して、物流システムの構築から、情報管理、在庫・受発注管理、物流センター運営、工場構内物流作業、輸配送に至るまで、包括的なサプライチェーン・ソリューションを提供しています。また、フォワーディング及び発着地での3PL を統合し、ワンストップの国際輸送を手掛ける国際物流事業においても強固な事業基盤を有しています。

本公開買付けにかかる資金の大半は、KKR アジア4 号ファンドにより賄われます。

KKRアジアプライベートエクイティ共同代表兼KKRジャパン代表取締役社長の平野博文は次のように述べています。「今回の公開買付けが成立し、日立物流と協業できることを大変嬉しく思います。今後はKKRのグローバルリソースを活用し、アジア圏における3PLリーディングカンパニーを目指す日立物流を全面的にサポートしてまいります。3PLはグローバルな貿易の流れ、そして世界の経済活性化のためにこれまで以上に重要となっています。今後は日立物流が世界のお客様やビジネスパートナーに対してより革新的なサプライチェーン・ソリューションを提供し、成長を続けることができるよう協業してまいる所存です。」

なお、日立物流は、2023年4月1日より、ロジスティード株式会社に社名を変更することを予定しております。「LOGISTEED(ロジスティード)」は、LOGISTICS と、Exceed、Proceed、Succeed、そして Speed を融合した言葉であり、ロジスティクスを超えてビジネスを新しい領域に導いていく意思が込められています。

KKRについて

グローバル投資運用会社であるKKR(NY証取:KKR)は、オルタナティブ・アセット、キャピタル・マーケッツ、保険ソリューションを提供しています。長期的かつ規律ある投資アプローチを採用し、世界トップクラスの人材を投じてポートフォリオ企業やコミュニティの成長を支援し魅力的な投資リターンを創出することを目指しています。KKRはプライベートエクイティ、クレジット、実物資産に投資する投資ファンドのスポンサーとなっており、また、ヘッジファンドを管理する戦略的パートナーを有しています。KKRの保険子会社はグローバル・アトランティック・ファイナンシャル・グループ管理下で退職金、生命保険、再保険商品を提供しています。KKRの投資に関する記述にはKKR がスポンサーとなっているファンド及び保険子会社による活動が含まれる場合があります。KKRについては www.kkr.com 、Twitter@KKR_Co.をご参照ください。

アクセロバント、ケイエルブイとのパートナーシップを発表し、日本の半導体メーカーに光ファイバーセンシング・ソリューションを販売開始

ブリティッシュ・コロンビア州ノースバンクーバー, 2022年11月29日 - (JCN Newswire) - 半導体、産業、IoT、製造、配電市場向けの光ファイバーセンシングソリューションの革新的な開発企業であるアクセロバント社は、日本で光を専門に取り扱うケイエルブイ株式会社と契約を締結したことを発表します。ケイエルブイ株式会社は、日本の半導体装置サプライヤー向けの光ファイバーセンサーも提供しております。この契約により、ケイエルブイ株式会社は日本の半導体製造装置メーカーにアクセロバント社の先進的な光ファイバー温度センサー・ソリューションを提供することになります。

ケイエルブイの光ファイバーセンサーのシニアマネージャーである町田禎幸氏は、「日本のトップ半導体メーカーは、次世代のチップ製造においてウェハー上の温度管理が重要な懸念事項であることを認識しています」と述べています。「アクセロバント社は、これらの懸念に応える独自の光ファイバーセンシング技術を提供し、ウェハー当たりの歩留まり向上と高精度な温度制御を、非常に競争力のある価格で実現することができます。私たちはこれらのソリューションを半導体製造装置のお客様に提供し、より高い性能と信頼性を享受していただけることを嬉しく思います。」

「アクセロバント社は、特許取得済みのKristonium(TM)素材を使用し、光ファイバー温度センサーが従来の温度プローブよりも優れた性能を発揮することで、450度を超える温度でプロセスを実現できるようにします。

「プロセス温度の向上は生産時間の短縮につながります。アクセロバント社の高精度な測定性能は、歩留まりを向上させるために不可欠であり、ウェハ―表面の温度変動をより適切に管理することを可能にします。」

この新世代のセンサーは校正の必要がなく、全測定範囲において±0.10度の測定精度を実証しています。これは、従来のセンサーが-95度で±1.0度、300度以上の長時間露光が必要なアプリケーションで±0.50~±2.0度の精度であることと比較すると、非常に高い精度であることがわかります。

アクセロバント社のCEOであるMichael Goldstein氏は、「アクセロバント社が日本のトップクラスの半導体製造装置メーカーとの取引を確保する上で、すでに重要な役割を担っているケイエルブイ株式会社と協業できることを嬉しく思っています」と述べています。

「日本の半導体製造装置市場は世界でも有数の規模を誇っており、当社のセンシングソリューションが顧客のパフォーマンスと収益性を高める有力な要素として高く評価されることを誇りに思います。」

アクセロバント社の光ファイバーソリューションの詳細については、 www.accelovant.com をご覧ください。

アクセロバント社について

アクセロバント社は、半導体、産業、IoT、医療、配電市場向けの光ファイバーセンシングソリューションの設計・製造におけるリーディングカンパニーで、ブリティッシュコロンビア州ノースバンクーバーに本社があります。アクセロバント社は幅広い動作温度範囲において極めて精密な測定能力を提供します。材料科学と設計の専門知識を組み合わせた垂直統合型のアプローチにより、歩留まりを向上させ、コストを削減する測定ソリューションと製品サポートを提供しています。詳細は、 www.accelovant.com でご覧いただけます。

John Stafford
Parallel Communications
jstafford@parallelpr.com
Twitter: @Parallel_PR
+1 515 708-1296

ソース: Accelovant

Moonstake、CMOのPietro Curtoの就任により経営体制を強化

シンガポール, 2022年11月16日 - (JCN Newswire) - この度新たにMoonstakeのCMOとして、Pietro Curto(ピエトロ・クルト)が就任したことをご報告します。



Pietro Curto(ピエトロ クルト)、デジタルマーケティングにおいてこれまで多くの実績があり、買収や顧客関係管理、小売顧客向けデジタル戦略、運営などの主要分野で10年以上のプロフェッショナルに業務をこなしています。また、EntainなどのFTSE上場企業を率いた経験もあり、規制市場に関する深い専門知識を持っています。驚くほどのペースで進む国際的なデジタル市場での長年の経験を持つピエトロ氏は、Moonstakeに就任する以前、2021年に大手グローバル暗号資産取引所であるBitMEXのマーケティングオペレーション責任者として暗号資産市場で活躍していました。そんな経験豊富な彼を今回MoonstakeのCMOとして迎えることができたことをご報告致します。

現在私たちはMoonstakeステーキングプラットフォームを更により充実したものにするために、今後暗号資産投資を始めるユーザー向けにMoonWealthプラットフォームの立ち上げを行いました。今まで以上に多くのユーザーにご満足いただける様にサービスの範囲を広げ、信頼度の高いプラットフォームを創ることに尽力していきます。ピエトロ氏が私たちの経営陣に加わることで、Moonstakeの成長に大きく貢献してくれることを確信しています。

Moonstake創業者の手塚満氏は、ピエトロ氏をMoonstakeのCMOに迎えるにあたり、次のように述べています。2020年のローンチ以来、Moonstakeはトップ10のステーキングプロバイダーになるまで急速に成長し、世界中のユーザー、企業、パートナーから信頼を得ることができました。現在も、より多くのお客様のニーズをカバーするために事業を拡大し、アジア最大のステーキングプールネットワークになるという目標を実現するために、多大なる努力を積み重ねています。ピエトロ氏の豊富な経験と専門知識、そして確かなリーダーシップは、Moonstakeのミッションと世界的なリーチを実現するために大きな価値をもたらすと確信しています。」

CMOに就任したことについて、ピエトロ氏は次のように述べています。「MoonstakeのCMOに任命されたことを光栄に思いますし、大変うれしく思います。Moonstakeのミッションは、アジア最大のステーキングプールを作り、アセットホルダーにとってアクティブな環境を作るという新たな挑戦だと思っております。現在私たちは、これから暗号資産投資を始める方のために暗号資産投資への参入のハードルを下げることへも取り組んでいます。私は、これらの挑戦をすべて実現し、投資の初心者からベテランまで、いかなる暗号資産ユーザーにも信頼され、多くの人に好かれるプラットフォームにできるよう努力していきます。」

Moonstakeの最新ニュースは、TwitterとTelegramでフォローしてください。

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5千万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど、27社の有力プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeは、シンガポール証券取引所に上場するOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めました。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。 https://www.moonstake.io/

Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、18のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、グローバルなユーザー基盤を持ち、同年6月には世界で1万社以上のプロバイダーの中から3位にランクインしています。

Moonstakeがssv.networkの助成金を受領―分散型ETHステーキングの統合へ

シンガポール, 2022年11月16日 - (JCN Newswire) - 本日Moonstakeは、DAOが運営するSSVネットワークからETHステーキングプール導入を目的とする助成金を受領したことを発表します。



Moonstakeは、Ethereumの分散化を強化し、Moonstakeのバリデータインフラストラクチャを可能な限り高セキュアなものにするためにSSVの有能なアーキテクチャを統合する予定となります。これにより、グローバルユーザーにとってシームレスな分散型ETHステーキングが可能になり、MoonstakeとSSVはこのコラボレーションを通じて両社のエコシステムの拡大を促進するために今後もさまざまな協業をしていく予定となります。

ssv.network 助成金プログラムは、ネットワークの上の開発者による開発とイノベーションを促進・加速させることを目的とし、分散型ステーキングアプリケーションとサービスを構築する開発チームに資金提供するコミュニティ主導のイニシアチブとなります。この助成金への提案は、プロジェクトの技術的なデザイン、チームとそのコミュニティの全体的な品質などで評価されます。Moonstakeは、世界から認証されたトップ10のステーキングプロバイダーとしてSSVネットワーク助成金プログラムに参加し、まもなくETHステーキングをサポートする予定です。

2022年9月15日現在、Ethereumは正式にProof of Stake(PoS)ブロックチェーンとなり、ETHステーキングの需要はかつてないほど高まっています。現在、ETH保有者がステーキングを行うには、32ETHを保有し、独自のバリデータ・インフラを構築する必要がありますが、これには高度な技術的専門知識が必要であり、コストのかかるインフラを維持する必要もあります。また技術力のないユーザーは、カストディアン型のステーキングプロバイダーサービスや中央集権型取引所でETHをステーキングすることも可能です。MoonstakeとSSVは、SSVの革新的な技術インフラを利用して、Moonstake ウォレットを通じてユーザーに非カストディアンのETHステーキングソリューションを提供することにより、この問題に対処することを目的としています。Moonstakeは、世界中のユーザーに高水準のステーキング体験を提供するというミッションを掲げております。EthereumマージとPoS ETHに対する我々のミッションの達成に向けて、大きな一歩を踏み出せることを心より嬉しく思います。
Moonstakeの創設者である手塚満氏のコメント

"Moonstakeは、SSVネットワークからこの助成金を受け、ETHステーキング導入を目的とした提携ができたことを心より嬉しく思っています。ETHのステーキングに対する需要はかつてないほど高いと感じていますが、ユーザーは現時点ではカストディアル・ソリューションに頼るしかなく、暗号資産の分散から遠ざかり、多くのセキュリティ・リスクにつながる可能性があります。世界でトップ10のステーキングプロバイダーとして認証されている私たちは、SSVの高セキュアな技術を使用してシームレスなETHステーキング体験を提供することで、世界中の暗号資産ユーザーにさらなる価値をもたらすことができるようになることを望んでいます。我々は、MoonstakeとSSV、およびEthereumステーキングエコシステムを一緒に成長させ、この素晴らしいパートナーシップを通じてステーキング業界全体を促進することを楽しみにしています。"

Moonstakeは、2020年にアジア最大のステーキングネットワークを作ることを目的にステーキング事業を開始しました。以来、2,000以上の暗号通貨に対応し、最も使いやすいWeb WalletとMobile Wallet(iOS / Android)を開発してきました。2020年8月に本格的な運用を開始した後、Moonstakeのステーキング資産総額は10億ドルに達するまで急速に成長し、Moonstakeは世界的にトップ10ステーキングプロバイダーの1つになることを可能にしました。現在、MoonstakeはCosmos、IRISnet、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs(EthereumとPolygon)、IOST、TRON、Shiden、FIO、Everscale、Oasisなど17の主要Posアセットをサポートしています。Proof of Stake ETHは、技術的な統合が完了した時点で、Moonstakeがサポートする18番目のステーキングコインとなる予定です。

SSVは、完全に分散化されたオープンなEthereumのステーキングインフラストラクチャです。個人ユーザーからステーキングプールや大規模な機関投資家向けステーキングサービスまで、Ethereumのバリデーターを運営したいすべての人にオープンなアーキテクチャを提供するものです。SSVネットワークは、秘密鍵の保管と管理、有効性と冗長性、単一障害点、セキュリティと暗号化、分散化とネットワークガバナンスなど、イーサリアムのステーキングで直面する主な懸念に対処することを目的としています。

Moonstakeの最新情報は、TwitterとTelegramでフォローしてください。

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5千万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど、27社の有力プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeは、シンガポール証券取引所に上場するOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めました。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。 https://www.moonstake.io/

Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対して、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデータノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、17のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、全世界のユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

SSVネットワークについて

Secret Shared Validators(SSV)は、オペレーターが運営するノード間でEthereumのバリデータキーを分割する初の安全かつ高セキュアな仕組みを提供します。各ノードはバリデータの任務を遂行するためにお互いを信頼や、パフォーマンスに影響を与えることなく一定数をオフラインにすることができます。その結果、Ethereumのための信頼性の高い分散型で安全なステーキングソリューションが実現可能となりました。

SSVネットワークは、SSVプロトコルを実行する分散型ステーキングインフラであり、イーサリアムのバリデータの分散運用を可能にします。また、開発者が新しいステーキングアプリを構築し、迅速かつ容易に展開するために使用できる再現性のあるスケーラブルなETHステーキングインフラストラクチャとなります。 https://ssv.network/

SOLとは?ソラナについて知っておくべきこと

シンガポール, 2022年11月14日 - (JCN Newswire) - 本記事は、Moonstakeのステーキングコインの一つを探る入門講座となります。今回は、SolanaとそのネイティブコインSOLに注目します。SOLは、わずか数年前の創業以来急速に成長し、現在では暗号資産市場で最も人気のある暗号資産の一つになっており、多くの暗号資産の専門家が「イーサリアム・キラー」の一つと呼んでいます。



Solanaの特徴とは?
Solanaは、2020年にリリースされ、スケーラビリティ、スピード、コスト最小化、エネルギー効率に重点を置いたレイヤー1ブロックチェーンとなります。Solanaの革新的な点は、ネットワークが拡大しても異なるエコシステム間において、単一のグローバルな環境を維持することで、レイヤー2システムやシャードチェーンに依存する必要性を排除している点となります。

最も注目すべきは、Solanaがユーザーと開発者の両方に高速かつ低コストの体験を提供することに尽力していることです。0.01米ドル以下の取引手数料と0.001秒の取引処理時間で利用できることを保証しています。

イーサリアムのユーザーの間では、Proof of Stake(PoS)に移行した後も取引コストとスピードが懸念されています。そのため、イーサリアムのライバルたちはこれらの問題の解決に注力しており、Solanaは世界第2位のブロックチェーンに代わる最も競争力のある選択肢の1つとして際立つブロックチェーンとなっています。

Solanaは、タイムスタンプに基づく独自のPoH(Proof of Historyアルゴリズムと高速同期システムを組み合わせた革新的なPoSのハイブリッド・モデルを実装しています。これにより、トランザクションの検証をより高速に行い、Solanaネットワークの負荷を軽減し、その帯域幅を拡大する、つまりスケーラビリティを実現しています。

Solanaはどのように普及したのか?
Solanaは2021年秋にNFTの販売ブームとその有用性が広く認知され、特に他の人気ブロックチェーンとの相互運用性を高めたWormhole 2.0アップデートが開始されたことをきっかけに急激にトークンの価値が上昇しました。また、本プロジェクトは、NFTのマーケットプレイスだけでなく、さまざまなDeFiプラットフォームもサポートしています。

現在では、スピード、コスト、キャパシティにおいて高い効率性と魅力的なステーキングエコシステムを持つネットワークになったおかげで、SolanaはDApp開発者とステーキングユーザーにとって最も人気のあるブロックチェーンの1つとなっています。時価総額トップ10の暗号資産としてもランキングに名を連ねています。

MoonstakeがSOLをサポートする理由とSolanaの技術的マイルストーン
Moonstakeでは、暗号資産市場で最も需要の高いコインをサポートするために取り組んでおり、SOLをサポートする理由も同様の理由となります。

これまでのSolanaの主要なマイルストーンを紹介します。
- 2018年 - 2019年 Solanaは2017年の暗号資産バブル後の比較的弱気な市場状況にもかかわらず、投資家にSOLトークンセールで2000万円以上を調達しました。
- 2021年 NFTブームの際、Solanaは10,000匹の猿を集めた人気のDegenerate Ape Academy NFTの拠点となり、10分足らずで完売しました。
- 2021年8月 ネットワークが開始からおよそ1年で、400以上のプロジェクトがSolana上に構築されています。多くのDeFiプロジェクトがSolana上に構築し、その強力で費用対効果の高いインフラを活用しています。
- 2021年9月 SolanaはERC-20とSPLブロックチェーン間のデジタル資産の転送を可能にするWormhole 2.0プロトコルを発表しました。これは、Solanaの台頭の主な要因の1つと考えられています。
- 現在、Solanaは3,400人以上のバリデーターを抱え、ネットワークの安全性と分散化に貢献しており、PolygonやPolkadotといった新興Ethereumと競い合っている状況です。

SOLは需要の高いコインであり、Solanaネットワークは、クリエイターと活発な開発者コミュニティの両方から一定のサポートがある尊敬されるブロックチェーン・プロジェクトであることがわかります。このため、SOLはMoonstakeがサポートするPoSコインの一つとして戦略的に追加され、当社はSOLステーキングをすぐにお客様にお届けできるよう懸命に取り組んでいます。

SOLステーキングの仕組み
Solanaでは、ステーキングアカウント内のトークンは、バリデーターに委任する必要があります。1つのステーキングアカウントは、常に1人のバリデーターにしか委任できないため、異なるバリデーターに委任したい場合は、トークンを複数のステーキングアカウントに分割する必要があります。

SOLトークンをステーキングするためのポイント
- ステーキングをサポートするウォレットを使用する必要があります。
- ウォレットにあるSOLトークンをステーキングアカウントに移動する必要があります。
- ステーキングアカウントはいくつでも作成でき、各ステーキングアカウントに好きなだけ、または少量の SOL を入金できます。
- 新しいステーキングアカウントにはそれぞれ固有のアドレスがあり、1つのウォレットで多くの異なるステーキングアカウントを管理することができます。

SOLステーキングの報酬を得る方法
SOLステーキングの報酬は、通常ネットワークの活動状況によって変動しますが、過去の実績から約6%のAPYを獲得できる見込みです。ステーキング報酬は、約2日間のエポックごとに計算され発行されます。しかし、報酬を得るためには、まず2エポック(約4日間)待つ必要があります。

例えば、あるエポックで発生した報酬は、次のエポックの最初のブロックにいるすべてのバリデータとデリゲータに発行されます。報酬は1エポックに1回発行され、それを獲得したステーキングアカウントに入金されます。

ステーキング報酬は、アクティブなステーキングとして自動的に再委託されます。あるエポックにおいて、バリデータまたはそのステーキングへの報酬が1ランポートに満たない場合、報酬の発行は、両方が少なくとも1ランポートを受け取ることになる次のエポックまで延期される。※ランポートとは、0.000000001 SOLの価値を持つ端数のネイティブトークンです。

SOL ステーキング解除の仕組み
SOLは、委任されていない場合にのみ、ステーキングアカウントから引き出すことができます。ステーキングアカウントが最初に委任解除されたとき、それは「非アクティブ」または「クールダウン」とみなされます。トークンの一部またはすべてが非活性化し、ステーキング報酬を得るための期間が終了するまで、アカウントからトークンを引き出すことはできません。

ステーキングアカウント内のトークンが非アクティブになると、お客様のメインウォレットアドレスまたは別のアドレスに直ちに引き戻すことができます。また、ロックアップがかかっているステーキングアカウント内のトークンは、そのアカウントの委任状態にかかわらず、ロックアップが切れるまで引き出すことができません。ロックアップが切れると、委任されていないトークンはすぐに引き出すことができます。アカウント所有者が特にロックを解除するために必要なアクションはありません。

参考
https://solana.com/
https://docs.solana.com/
https://solana.com/news/validator-health-report-august-2022

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5千万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど、27社の有力プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeは、シンガポール証券取引所に上場するOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めました。Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。 https://www.moonstake.io/