素朴な魅力がある台湾農村観光

台湾, 2019年8月16日 - (JCN Newswire) - 日本各地で地方創作が行われている間、近隣の台湾にも新しい活力を注ぎ込む青年農民のグループがいる。これらの中で最も印象的なのは、7人の青年農家からなる「Have fun in the farm」チームである。

チームメンバー呂●門(Simon Lu)さんは、「現代の人はほとんどの余暇時間を3C製品で過ごしているが、大衆が純朴な生活を満喫させ、実際的に従事しながら農家の楽しさを味わい、最も原始的な感動を取り戻すことを望んでいる。団長ツバメが「人間の心から故郷の思い」を活動の中心として提案したが、このような素朴な魅力は予想外にたくさんの日本観光客を引き付けている。

始めての日本人観光客が訪れたとき、リアルタイムの会話通訳機器を使って、日本語の掲示板を作った。それは言語の壁のため、全身的に参加させることではなく、致密なディテールを通じて、暖かく感じられることを期待している。ツアー客も、無毒栽培のイチゴ、ルビーのようなアカザや手作りハーブ、花粉の材料で作ったスープ、有機カボチャ、環境保護養殖Grace Eggを味わることができる。」と取材された時に話した。


「日本の技術を応用したが、Grace Eggは厳密な環境保護養殖方法及び素晴らしい風味で、台湾では最高の卵とは言える」

写真はGoGoFarmアプリケーションによって提供される。

近年、台湾農村部は積極的に有機農業を発展させ、自然の植栽方法は田舎の活力を取り戻せ、カブトムシ、ミミズ、コガネムシ、ホタルなどの豊かな生態も体験の題材になっている。次回台湾に来るとき、島の人々のさまざまな風情と特別な魅力を楽しんでください。

【編注】●は https://bit.ly/2Z90TJg 

Trintechが2019年度「米国で最も急成長中の非公開企業リスト(Inc. 5000)」に選出

米国テキサス州ダラス, 2019年8月15日 - (JCN Newswire) - 企業の財務部門向けに統合型Record-to-Report(R2R)ソフトウェアソリューションを提供する世界的なプロバイダであるTrintechは、インク誌(Inc.)の2019年度Inc.5000リストで2688位にランクインしたことを発表しました。このリストは、米国で最も急成長中の非公開企業をランク付けする最も権威のあるランキングであり、米国経済の最もダイナミックな経済区分である独立系中小企業のなかで最も成功している企業を独自に分析した結果を反映しています。MicrosoftDell、Domino's Pizza、Pandora、Timberland、LinkedIn、Yelp、Zillowやその他多くの有名企業が、Inc. 5000リスト掲載企業として全米に最初に名を轟かせました。

TrintechのCEOであるTeresa Mackintoshは、次のように述べています。「今年、この認定を申請するためにInc.から連絡をいただいたことを大変光栄に思います。また、Trintechが米国で最も急成長中の非公開企業の1社として認められたことを大変嬉しく思っています。私たちは何千もの当社の忠実な顧客に感謝しています。なかには30年前の創業以来の顧客もいらっしゃいます。また、世界中のお客様に喜んでいただくというコミットメントを共有する当社の従業員にも感謝しています。彼らは、当社の継続的な成長と成功の基盤となっています。」

2019年のInc.5000リスト掲載企業は、市場で非常に競争力があるだけでなく、リスト全体では、以前のリストと比べて驚異的な成長を示しています。この3年間で、2019年のInc. 5000企業の平均成長率は454%、中値は157%という驚異的な数字を達成しています。また、2018年の総売上高は2,377億ドルにのぼり、過去3年間で121万6,308件の雇用を生み出しています。

インク誌編集長のJames Ledbetterは、次のように述べています。「今年のInc.5000リスト掲載企業は、成功を収めるまでに実にさまざまな道をたどっています。このような驚異的な成長を保証する道のりや投資は存在しません。しかし、彼らに共通しているのは、粘り強さと事業機会の獲得です。」

毎年恒例のInc. 5000イベントはリスト掲載企業を称えるもので、2019年10月10日から12日まで、アリゾナ州フェニックスのJWマリオット デザート リッジ リゾート&スパで開催されます。

Inc. 5000について

2019年のInc.5000は、2015年と比較した2018年の売上高成長率(%)に従ってランク付けされています。このリストに掲載されるためには、2015年3月31日までに会社が設立され、売上高があることが必要です。また、対象企業は2018年12月31日時点で、米国を拠点とする非公開の営利企業に限られ、他の会社の子会社や一部門ではなく、独立企業でなければなりません。(同日以降、多数のリスト掲載企業が公開企業となったり、買収されたりしています。)必要な売上高の下限は2015年時点で10万ドル、2018年時点で200万ドルですが、インク誌は主観的理由で応募を拒否する権利を有しています。さらに、Inc.5000企業の最上位を成すInc.500企業のリストが、インク誌の9月号に掲載されています。Inc.5000企業についてはhttp://www.inc.com/inc5000でご覧いただけます。

インク誌について

1979年に設立され、2005年にマンスエト・ベンチャーズに買収されたインク誌(Inc.)は、成長する非公開企業の所有者と経営者のための唯一の主要誌であり、今日の革新的企業の設立者に真のソリューションを提供することを目指しています。2014年、2012年ともにNational Magazine Award の最優秀賞(General Excellence)を受賞しました。当誌の月間読者数は、2010年の200万人から今日では2,000万人以上へと大幅に増加しています。詳細については、www.inc.comをご覧ください。

Inc. 5000は米国で最も急成長中の非公開企業のリストです。この権威あるリストは1982年に開始され、起業家による成功の証しとなっています。Inc. 5000カンファレンス&アワード・セレモニーは、そうした企業の目覚ましい成果を称賛する毎年恒例のイベントです。このイベントでは、有益なワークショップ、著名人による基調講演、イブニング・イベント等も行われます。Inc.およびInc.5000カンファレンスの詳細については、http://conference.inc.com/をご覧ください。

Trintechについて

企業の財務パフォーマンス管理(FCPM)ソフトウェアのパイオニアであるTrintech Inc.は、比類のない技術と財務業務の専門知識を組み合わせ、世界レベルの財務オペレーションや見識を提供する、革新的なソフトウェアソリューションをクラウドベースで提供しています。膨大な取引明細の突合作業や日々の残高照合業務の合理化から、バランスシート調整、グループ会社間の内部取引、仕訳入力、ディスクロージャー、フィデューシャリー・レポート、銀行手数料分析の自動化および管理、そしてガバナンス、リスクおよびコンプライアンスに至るまで、Trintechが提供する財務ソリューションの様々な製品(Cadency(R) Platform、Adra(R) Suite、そしてターゲットを絞ったツールであるTrintech Disclosure Management(R)、ReconNET(TM)、T-Recs(R)、UPCS(R))を通じて、決算プロセスのあらゆる側面を管理します。世界中でFortune 100の大部分を占める3,100以上の企業が、Trintechが提供するクラウドベースのソフトウェアを利用して、継続的に財務業務の効率性、信頼性および戦略展開を向上させています。

Trintechは米国テキサス州ダラスに本社を置き、米国、英国、オーストラリア、シンガポール、フランス、アイルランド、オランダ、北欧諸国に拠点を置いています。南アフリカラテンアメリカ、アジア太平洋地域にも戦略パートナーと提携して事業展開をしています。Trintechに関する詳細はウェブサイト( www.trintech.com)をご覧いただくか、LinkedIn、Facebook、およびTwitterで当社までお問い合わせください。

お問い合わせ先:
Kelli Shoevlin
+1-972-739-1680 
Kelli.Shoevlin@trintech.com 

配信元企業: Trintech 

QFPayは、今後の国際事業拡大の為に著名投資企業から新たに2,000万米ドルを資金調達を実施いたします。

 

- QFPayは、最新の資金調達ラウンドで、MDI Ventures、楽天キャピタル、VentureSouqなど新たな戦略的投資を確保致しました。既存の投資家Matrix Partners及びSequoia Capital Chinaも参加いたします。
- デジタル決済テクノロジーのリーダー企業であるQFPayは、2012年よりアジアおよび中東の13の市場で事業を展開しております。

シンガポール, 2019年8月14日 - (Media OutReach) - アジアのデジタル決済テクノロジー先端企業であるQFPayは、このたび、既存の投資家であるSequoia Capital ChinaとMatrix Partnersから新ラウンドで2,000万米ドルを資金調達しました。この最新の資金調達ラウンドには、MDI Ventures(インドネシア最大の国営通信会社Telkom Indonesiaのコーポレートベンチャーキャピタル部門)・楽天グループのコーポレート・ベンチャーキャピタル(自己資金投資)事業である楽天キャピタル・VentureSouq(ドバイを拠点とするベンチャーキャピタル企業、世界的なテクノロジースタートアップのポートフォリオを持ち、企業の中東への進出を支援)、など新たな戦略的投資企業の著名投資企業を確保致しました。

2012年に設立されたQFPayは、カンボジア、中国、香港、インドネシア、日本、韓国、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、アラブ首長国連邦など、アジア及び中東の13の市場に事業拠点を持つ世界的なデジタル決済企業へと成長しています。今回の新たな資金調達により、QFPayは重要市場でさらにサービスを拡大し、新たなデジタル決済製品やソリューションの研究・開発を進めていきます。

QFPayの共同創業者兼CEOのTim Leeより「デジタル決済発祥の地である中国で事業を開始して以来、当社はこの業界で実績、ノウハウや知見を構築してまいりました。アジア地域でデジタル決済、特にQRコード決済への需要が高まるなか、当社は過去7年間のノウハウを活かし、キャッシュレスの動きを先導できることを大変嬉しく思っています。」アジアは、主に銀行口座を持たない人々の金融包摂の需要により、デジタル決済※1の主要な成長地域であり、特にASEAN地域では、モバイル決済の総取引額は2027会計年度までにCAGR(年平均成長率)で25%以上急増し、1,090億米ドル※2に達すると予想されており、デジタル決済業界のステークホルダーにとって大きな機会となっています。

※1 Price Waterhouse Coopers 2019 Global Consumer Insights Survey: https://pwc.to/2JEgHkM
※2 Nomura Global Markets Research Anchor Report - ASEAN internet: Opening up the mobile wallet: 
https://bit.ly/2H5vGQO

業界リーダーから信頼され、巨人の肩に立つ

QFPayは、実績のある包括的なデジタル決済製品およびソリューションを提供しており、デジタル決済のエコシステムにおけるリーダー企業としての地位を活かし、銀行、通信事業者、国境を越えた決済ネットワーク、消費者向け小売ブランドなどの業界のトッププレイヤーと、変革をもたらす重要なパートナーシップを獲得し、業界全体の拡大に道を開き、業界へ貢献してまいりました。

これらの実績は、世界有数の金融および戦略投資家の注目を集めております。最大の投資企業の1社であるSequoia Capital Chinaは、過去3回実施された資金調達に参加しており、Sequoia Capital ChinaのバイスプレジデントであるLi Zhanglu氏より「QFPayはアジアで最大の拠点展開をしており、最も経験豊富で確立されたデジタル決済テクノロジープロバイダーです。彼らの継続的な成長は、国際的な成長戦略及び大きな成功を収める為のユニークなビジネスアプローチの堅牢性を実証しています。この地域の可能性を活かすことができるデジタル決済会社1社に賭けるとしたら、それはQFPayになります。」とコメントを頂いております。

また、QFPay共同創業者、QFPay International CEOのPatrick Nganより、「このラウンドでの新規投資家からの戦略的価値は、QFPayの事業拡張計画を促進することが期待しており、デジタル決済の採用はアジア全域で大幅に増加しています。各市場における現地戦略とネットワークの必要性を考慮すると、MDI Ventures、楽天キャピタル、VentureSouqが投資家およびアドバイザーを務めるなど、信頼できる戦略的パートナーからの支援は、当社がこの複雑な事業環境を切り抜ける上で重要な役割を果たします。」

QFPayについて

QFPayはデジタル決済テクノロジー、ソリューションおよびサービスの大手プロバイダーで、アジアおよび中東の13の市場で事業を展開しています。2012年の設立以来、QFPayは小売業者にエンドツーエンドのオンラインとオフラインのQRコードを活用したモバイル決済ソリューション、およびフード注文サービスや顧客ロイヤルティプログラムなどの高付加価値サービスを提供しています。

QFPayのソリューションはこれまでに120万以上の加盟店で利用され、10億件以上の取引実績があります。加盟店は、高級ファッションブランド、宝石ブランドからレストラン、ホテル、展示会、コンビニチェーンに至るまで、大規模および中小規模の小売業者に及びます。

報道関係者からのお問い合わせ先:
Priscilla Cheong, mobile: +65 9730 0589, e-mail: priscilla@brand-cellar.com 
Michelle Lee, mobile: +65 9710 2983, e-mail: michellelee@brand-cellar.com
Chee Shiao Tiing, mobile: +65 9172 2107, e-mail: shiaotiing@brand-cellar.com 

SOFTWARE AGがMICROSOFTと提携、クラウド移行の短縮および簡素化を推進

 

新規ソリューションによって、Microsoft Azureの接続されたエコシステムで事業の継続性を確保しつつ、移行をより速く、安全で、管理しやすく

ダルムシュタット, 2019年8月6日 - (JCN Newswire) - Software AG (フランクフルトMDAX: SOW)とMicrosoftNASDAQ: MSFT)は本日、事業継続性を確保しながらMicrosoft Azureに移行できる、企業向けの強力な新規ソリューションを発表しました。Software AGの新製品Cloud Migration Acceleratorは、同社のwebMethods.io Integration プラットフォームをベースに、企業がこれまで以上に迅速かつ簡単にアプリケーション、クラウドサービスおよびデータに接続できるようにすることで、しっかりと接続されたエコシステムへのシームレスな道程を提供します。

クラウド移行は複雑な道のりであることが多く、ITチームは稼働中の業務運営を円滑に進める一方で、オンプレミスの技術をクラウドに移動させたり、クラウド上のものに置き換えたりする作業を実施することになります。既存のアプリケーションをクラウドに移行する場合、オンプレミスのアプリケーションから新しいクラウドサービスへ、あるいは新しいクラウドサービスから別の新しいクラウドサービスへと、接続や再接続を繰り返す必要が生じます。事業運営とデータへのアクセスを維持しながら、このハイブリッドな移行期をできるだけ円滑に乗り切ることが企業にとって非常に重要なのです。

米国に本社を置き、ドラッグストアやヘルスケア事業を展開するウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンス(Walgreens Boots Alliance)のCIOであるアンソニー・ロバーツ氏(Anthony Roberts)は、次のように述べています。「当社は最近クラウド移行に踏み切り、現在のIT資産の70%がMicrosoft Azure、残りの30%がオンプレミスにある状態です。Software AGのwebMethodsを使用して、既存の統合ソリューションとビジネスプロセスに接続したまま、一部のITコンポーネントクラウドに移行し、残りはオンプレミスに置いています。webMethodsは、複雑な移行プロセスの間も特に重要なIT資産を保護しています」

Software AGのCEOであるサンジェイ・ブラーマワー(Sanjay Brahmawar)は、Microsoft Azureに移行しようとしている企業は、移行プロセス中に簡単かつ迅速にアプリケーション、クラウドサービス、データにアクセスするための重要な結合組織として機能する、当技術を活用できると述べています。

「今回Microsoft社と連携する当社のソリューションは、企業がしっかりと接続されたエコシステムを維持できるようにするものです。お客様は、移行にかかる時間を短縮できるだけでなく、特に重要なIT資産を保護しながらイノベーションを起こし、データの真価を引き出すことができます」

Microsoft社のワールドワイド・コマーシャル・ビジネス部門担当エグゼクティブ・バイス・プレジテントであるジャドソン・アルソフ氏(Judson Althoff)も、次のように述べています。「多くの大規模クラウド移行は、IT状勢の変更と事業継続性の確保を同時に行なわなければならないという課題に直面しています。Software AGのwebMethodsを活用すれば、クラウドへの円滑な移行コースが提供され、企業はMicrosoft Azureの恩恵をすぐに享受することができるのです」。

webMethods.ioをベースとするCloud Migration Acceleratorは、Microsoft AzureマーケットプレイスSaaSとしてすぐに入手可能です。

Software AG について
Software AGは、Freedom as a Service(FaaS)、サービスとしてのフリーダムをご提供しています。私共は統合を再考し、ビジネス変革を促進して、モノのインターネット(IoT)上で迅速なイノベーションを実施することで、お客様のビジネスモデルの差別化を進めることができます。対象はアプリからエッジまで、あらゆるテクノロジーを接続して統合する「フリーダム」をご提供します。お持ちの重要なデータをサイロの状態から解放し、共有可能で使いやすく強力な形式に変換することで、お客様がビジネスにおける最良の判断を下し、全く新しい成長の可能性を引き出すお手伝いをします。www.softwareag.com/jp/

【本件に関するお問い合わせ】
ソフトウェア・エー・ジー株式会社
マーケティング担当
Email: marketing-jp@softwareag.com

Follow us on Twitter: Software AG Global https://twitter.com/SoftwareAG

ジブチ政府による法の支配を否定する差し迫った行動は、企業投資家への警告

ジブチ高等裁判所が国際的な判決を無効とするよう求めているのは、グローバルな法制度に違反する行為であり、投資を脅かすものであります

アラブ首長国連邦・ドバイ, 2019年8月5日 - (Media OutReach) - ジブチ政府は、今週後半(8月第1週後半)に、同国の高等裁判所に対して、すべての過去の国際的な判決を無効とするよう求める申請を行う決定を下すと見られています。これは、グローバルな法制度および既存の契約を完全に無視し、違反するものであります。

今回のジブチ政府の動きは、同国が法律上認められている慣行、および契約の尊重を完全に無視し、現在および将来の同国への投資に疑問を投げかけていることを証明しています。

Doraleh Container Terminal SA(DCT)は、DP World Group(33.34%)とジブチ企業のPort de Djibouti S.A.(66.66%)が共同出資するジブチの港湾運営会社であり、過去3年間にわたり、ロンドン国際仲裁裁判所とイングランドウェールズ高等法院における5つの重要な判決において成功を収めてきました。当初のコンセッション契約書は英国の法律に基づいて作成されていたにも関わらず、ジブチはすべてを無視しています。

今年3月29日のロンドン国際仲裁裁判所による最新の判決では、香港を拠点とする港湾運営会社である招商局港口控股有限公司(China Merchants Port Holdings Co Limited;China Merchants)との間でジブチが新たなコンテナ港開発の機会を進展させたことにより、2006年に締結したコンセッション契約に基づく、ジブチのドラレ・コンテナターミナル開発におけるDCTの権利、特にジブチ領内のすべてのコンテナ取扱施設に対するDCTの独占権を侵害したことが判明しました。

ロンドン国際仲裁裁判所はジブチに対し、ドラレの多目的ターミナルでコンテナ施設を開発することでDCTの独占権を侵害し、さらに、ジブチがDP Worldの同意なしに他の運営会社とともに、計画されたドラレの国際コンテナターミナル(DICT)を開発するのであれば、さらなる損害を与える可能性があるとして、3億8,570万ドルと利息をDCT に支払うよう命じました。

同裁判所はまた、ジブチに対し、操業開始後にDCTに移管されなかったコンテナ輸送のロイヤリティの歴史的未払いとして、8,800万ドルをDCTに支払うよう命じました。ジブチはまた、DCTの訴訟費用を支払うよう命じられました。

同裁判所の裁定は、他の国際仲裁裁判所や英国裁判所によっても確認されているように、2006年のコンセッション契約が引き続き有効で拘束力があることを認めています。DCTとDP Worldは、ジブチがDP Worldを同国から追放し、港湾運営を中国の権益に譲渡するという非合法な取引をしたことを受けて、数々の法的な場で自らの法的権利の維持を求め続けています。

China Merchantsに対する訴訟も香港の裁判所で継続中です。DP Worldは以前、2018年の判決で2006年のコンセッション契約の有効性が確認されたことを受けて、DP WorldおよびDCTのコンセッション権を妨げることに対して他者に警告する公示を発表しています。

DP Worldについて:

DP Worldはグローバルな貿易を実現するリーディングカンパニーであり、サプライチェーンの重要な構成要素を形成しています。

当社は、海上・内陸ターミナル、海上サービス、物流・付帯サービスから、技術主導型の貿易ソリューションまで、複数の関連事業を運営しています。

6大陸にわたり45ヶ国以上で150以上の事業を展開しており、高成長市場および成熟市場の両方で大きなプレゼンスを示しています。当社ではあらゆる行動が経済と社会の双方に積極的かつ持続的に貢献することを確保しながら、グローバルな貿易の明るい未来に不可欠な存在となることを目指します。

当社の専任チームは、120ヶ国から4万6,000人以上の従業員を擁し、政府、海運、輸出入業者、コミュニティ、およびグローバルサプライチェーンのその他の重要な構成要素との長年にわたる関係を築き、今日および将来にわたって高品質の付加価値サービスを提供しています。

当社の中核事業はコンテナ取扱であり、売上高の50%以上を占めています。2018年、DP Worldは当社のポートフォリオ全体で7,140万TEU(20フィートコンテナ換算)を取り扱っています。現在の取扱容量は9,100万TEUであり、開発・拡張の専用パイプラインにより、市場の需要に応じて増加する見通しです。

DP Worldでは、将来を見据え、変化と革新を予見することで、世界で最も生産的、効率的かつ安全な貿易ソリューションを生み出すことを目指しています。

DP Worldをフォローする:
Twitterhttps://twitter.com/DP_World 
LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/dp-world 

DP World報道関係者からのお問い合わせ先:
DP Worldメディア・リレーションズ・マネージャー 
Hakam Kherallah
Tel: +971 505522610
hakam.kherallah@dpworld.com 

DP World シニア・コーポレート・コミュニケーション・マネージャー 
Mike Vertigans
Tel: +971 566769324
michael.vertigans@dpworld.com 

Ingenico TravelHub、旅行会社向けに新たな決済ルートを開拓

Ingenicoが提供するTravelHubは、旅行会社が急成長中の市場で決済機能へ簡単に接続できるようにし、コンバージョン率とオンライン収益を向上


アムステルダム, 2019年7月30日 - (Media OutReach) - シームレス決済のグローバルリーダーであるIngenico Group(Euronext: FR0000125346 - ING)は、このたび、旅行会社を、Ingenicoのグローバルなエンドツーエンドの支払い処理機能およびアジア、ラテンアメリカ、ヨーロッパにおける地域ゲートウェイと連携させるソリューション「TravelHub」(http://www.ingenico.com/travelhub)を発表しました。

TravelHubにより、旅行会社は、クレジットカードや代替支払い方法など150以上の支払い方法や顧客に関連する決済通貨オプションに簡単にアクセスすることができます。TravelHubは、あらゆる決済プラットフォームにスマートな決済ルーティング機能を提供し、コンバージョン率を向上させることで、オンライン旅行販売の収益を増加させます。

Ingenicoが提供するTravelHubは、シンプルかつダイレクトなグローバル決済機能への接続を提供するだけでなく、Amadeus、Sabre、Navitaireなど大手航空会社のグローバル・ディストリビューション・システム(GDS)やホテルの不動産管理システム(PMS)と統合します。これにより、旅行会社が複数のシステム、決済サービスプロバイダー(PSP)、およびアクワイアラーを管理する複雑性に取り組むのを支援します。 

この高度なソリューションは、Ingenicoが既に強力なポートフォリオを誇り、世界で最も有名な航空会社、ホテル、オンライン旅行代理店(OTA)と長年にわたる協力関係にある旅行業界への注力を強化していることを示すものです。本ソリューションは、旅行決済業界の経験豊富な専門家からなる専門チームによって構築され、この技術と専門知識の組み合わせにより、Ingenicoは旅行会社の成長とグローバル展開を支援します。

TravelHubを既に導入しているViva Airのチーフプロジェクトオフィサー兼最高情報責任者であるKevin Weberは、「Ingenicoが提供するTravelHubは、承認率と収益の大幅な増加と、新たな国への事業拡大に役立ちました。」と述べています。

Ingenico Groupグローバル・オンライン担当シニア・バイス・プレジデントのGabriel de Montessusは、「このたび、旅行会社がオンラインチャネルからの収益を増加させるための最新ソリューション『TravelHub』を発表することを大変嬉しく思います。TravelHubは、シンプルな接続でアクセスできるようになったIngenicoのオンライン決済プラットフォームのグローバルリーチを統合します。」と述べています。

Ingenico ePaymentsで旅行担当グローバルヘッドを務めるEric Liebmanは、「オンライン旅行会社は、非常に競争の激しい分野で急成長を遂げるとともに、複雑な技術エコシステムをナビゲートしたいと考えています。TravelHubは、旅行者の希望する支払い方法や決済通貨オプションを提供し、旅行会社が最高水準のデジタルカスタマーエクスペリエンスを提供するのを支援します。」と述べています。

このソリューションが旅行業界の間で人気を博すなか、新たな旅行技術への接続を追加し、ダイレクトな接続を向上させ、新しい市場へのアクセスを簡単にするための継続的な開発が行われます。

Ingenico Group について
Ingenico Group(ユーロネクスト: FR0000125346 - ING)は、店舗、オンライン、モバイル等の全てのチャンネル における商取引を強化する、スマートで、信頼性の高い安全なソリューションを提供するシームレス決済のグローバルリーダーです。当社は、その世界最大の決済引受ネットワークを駆使して、地域及び国内外の規模での安全な決済ソリューションを提供しています。当社は、小規模の小売店から世界の名だたるグローバルブランドに至るまで、金融機関や小売店の世界規模でのパートナーとして信頼を構築してきました。当社のソリューションにより、小売店の決済を円滑にし、小売店のブランドとしての約束を顧客に提供することが可能になります。 www.ingenico.com twitter.com/ingenico 

お問い合わせ先
Ingenico ePayments / PR
Dylan Prins
Ingenico Groupグローバル・オンライン担当コミュニケーション・マネージャー
Dylan.prins@ingenico.com 
+31 (0) 6 12 15 80 03 

Lily Huang
アジア・パシフィック地域担当 シニア・マーケティング・マネージャー
lily.huang@ingenico.com 
+86 (21) 58307088 

 

Bit-Z無期限契約サービスオンライン、グローバルで契約マネージャー募集開始

香港, 2019年7月25日 - (JCN Newswire) - 2019年4月から2ヵ月、BTCはメインとしてのブル・マーケット相場後、最近ではデジタル通貨市場の変動が激しくなっています。契約は金融デリバティブとして、技術チャレンジとリスク管理責任が持ち、それは次々に主要な取引市場によって提供されます。歴史が長いデジタル通貨取引所Bit-Zでは、無期限契約サービスをオンライン化し、ユーザーの多様なニーズを満たすことを目指しています。

Bit-Z無期限契約は、「公正価格メカニズム」「リスクファンド」「自動減量」などの制度を通じ、満期契約の無断強制清算、システム均等割りなどのユーザーに対して不利な事件を回避することができます。

Bit-Z契約取引制度は完備し、リスクファンドの残高は透明化されます。現在Bit-ZはBTC、ETH、EOSなど多くのデジタル通貨契約取引を提供し、順方向契約、逆方向契約、双貨幣契約などの3種類の契約が含まれています。BTC、ETH、USDT、BZなどで決済できます。BTC _USDT無期限契約日の取引額は1億ドルを突破し、100以上のチームが来場、ポジション保有者数万人、市場の深さは百万級に達しました。

現在Bit-Zはグローバルで契約マネージャーの募集を開始しています。最大50%のリベート、永久リベート関係ができます。ポジションオーペン奨励、契約と通貨取引手数料リベートをもらえます。デジタル通貨業界KOL、定量化専門家、相場アナリストにおすすめしています。

2016年に香港で設立されたBit-Zは、世界トップ10のデジタル資産取引プラットフォームであり、グローバルのユーザーによりプロなデジタル資産および法定通貨取引サービスを提供します。今現在、累積登録ユーザー数は170万人を超えます。Bit-Zは、世界中のブロックチェーン愛好家が集まり、チームメンバーでは国際金融機関、ソーシャルメディアビデオゲームなどの人材が含まれています。我々は最もプロなデジタル金融サービス組織になることを目指しています。